落語鑑賞覚書

喬弟仁義
於 らくごカフェ

やなぎ 短命
小んぶ 幇間腹
小傳次 万金丹

仲入り

小太郎 不動坊
さん若 馬の田楽
左龍 花見の仇討

(敬称略)

さん喬師匠一門の勉強会に伺ってきましたが、まー、これが全員熱演!楽しかったです!

さん若さんの「馬の田楽」は、これで拝見するのが二度目。登場人物が老若男女と多い上に全員田舎言葉という、演じ分けだけでも気を失いそうな噺なのですが、トーンとテンポがパワーアップされてまして、前に聴いた時より更に聴きやすくなってます…すげぇ。

左龍師匠の「花見の仇討」は、酔っ払いの武士二人連れの片方が、相手が巡礼兄弟の敵討だと見るや、目をキラッキラとさせててました(笑)あー、私、これまでこの噺で一番タチが悪いのは耳の遠い叔父さんだと思ってましたが、その認識は間違ってました。こいつだ(笑)敵討の名前が人を殺してそうな名前という事で「橘家文◯」に決まったのも酷くて最高でした。