高座ログ

我やが家寄席

二松亭ちゃん平「のめる」
相模亭まり雄「田能久」
相模亭花ろん「悋気の独楽」
鹿鳴家福来「からぬけ」

仲入り

開國亭らぶめーたー「出来心」
相模亭くり坊「花見の仇討」

それににしても、ゲスト出演者への中毒性と言う意味ではこんなに危険な寄席が他にあるだろうか。お客様との距離感、会場の雰囲気。あまり高い所から申し上げない分、みんなで盛り上げようと言う一体感。落語がまだ一般的でなく、知る人ぞ知る「お座敷遊び」だった頃の再現だと思いました。

あー、今度出演する機会があったらあんな噺を、こんなくすぐりを…次、俺いつ出られますか!?と訊きたくなる衝動を抑えるのが大変です…。あー!でも、あんまりベラベラと褒めたくない!俺が呼んでいただけるチャンスが減るから褒めたくなーい!でも褒めどころしか見当たらない!

まったく、ひどいとこだよ!我やが家寄席!(笑)