落語鑑賞覚書

円菊一門会
於 お江戸日本橋亭

(途中入場)

文菊 権助提灯
菊寿 強情灸
菊志ん 鼻ほしい
ちよりん 長屋の花見・おかみさん編

お仲入り

鼎談 菊寿、菊輔、菊志ん
志ん彌 短命
菊生 お菊の皿
菊丸 祇園会
菊春 転宅

(敬称略)

菊輔師匠、先日の木馬亭の頃よりお元気そうで何よりでした。
でも、「俺は古今亭『しんしょう』を襲名する!・・・ただし、漢字は『身(体)障(害者)』」って、闘病中の噺家さんじゃなければ(あっても?)怒られそうな洒落だったなあ(笑)

途中入場なのが残念でしたが、すこしだけ覚書。
文菊師匠、実はちょっと雰囲気が苦手で高座を拝見するのは久しぶりなのですが、女将さんとお妾さん、二人の女性の色気(と、闇の深さ)が以前より際立って面白かったです。

菊志ん師匠の「鼻ほしい」は人の短所を嗤う、結構えげつない噺なのです。でも、お客さんも含めて、こういう噺で笑ってしまう人間の厭なところは、ときどき自覚しておきたい欲求がありますね。
聴くのはたまにでいいですが、でも、なくなってほしくない噺です。

菊丸師匠の「祇園会」は、ぐうの音も出ないくらい最初からサゲまで全てが格好よかったです。