落語鑑賞覚書

円菊一門会
於 お江戸日本橋亭

(途中入場)

文菊 権助提灯
菊寿 強情灸
菊志ん 鼻ほしい
ちよりん 長屋の花見・おかみさん編

お仲入り

鼎談 菊寿、菊輔、菊志ん
志ん彌 短命
菊生 お菊の皿
菊丸 祇園会
菊春 転宅

(敬称略)

菊輔師匠、先日の木馬亭の頃よりお元気そうで何よりでした。
でも、「俺は古今亭『しんしょう』を襲名する!・・・ただし、漢字は『身(体)障(害者)』」って、闘病中の噺家さんじゃなければ(あっても?)怒られそうな洒落だったなあ(笑)

途中入場なのが残念でしたが、すこしだけ覚書。
文菊師匠、実はちょっと雰囲気が苦手で高座を拝見するのは久しぶりなのですが、女将さんとお妾さん、二人の女性の色気(と、闇の深さ)が以前より際立って面白かったです。

菊志ん師匠の「鼻ほしい」は人の短所を嗤う、結構えげつない噺なのです。でも、お客さんも含めて、こういう噺で笑ってしまう人間の厭なところは、ときどき自覚しておきたい欲求がありますね。
聴くのはたまにでいいですが、でも、なくなってほしくない噺です。

菊丸師匠の「祇園会」は、ぐうの音も出ないくらい最初からサゲまで全てが格好よかったです。

2017年3月の振り返り

さよならはわか~れ~の言葉っじゃなくってぇ~
ふたたびあうま~で~の遠い、やくそっく~
という事で今年度はおしまい。3月の振り返りをば。

1.落語鑑賞覚書

文治師匠初体験の巻、です。
あれからYouTube等で聴いているのですが、文治師匠たまらないなあ。
いつか何かの噺を文治師匠のお手本で覚えてみたいです。
と、これを書くとどうなんだろ?怒られそうな気もしますが思い切って。私、権太楼師匠も好きなのですが、お二人の根っこに同じノリを感じるんですよね。もしかして、ノリの系譜の元となる師匠がいらっしゃるのでは?と夢想してしまいます。
それが誰なのかは、まだ私には分かりませんが。

2.ライフオブブライアン

モンティ・パイソン初体験の巻、です。
初体験ではあるのですが、よく考えたらテリー・ギリアムの12モンキーズが好きだったのを思い出しました。
ただ、当時、私はあれを真面目なSFとしてしか認識しなかったので、反応が遅れたんですよね。ただ、ブラピのキ○ガイっぷりを思うと、あー、って感じ。
あの後、「人生狂想曲」も観ました。戦場で上官の誕生パーティをやる話が好き。ほんっと良い意味でくだらねえ(笑)
次は「ホーリー・グレイル」を観てみよう。

3.社畜のヒーロー

なんでこんな話をしたくなったのか、さっぱり思い出せませんが、きっとムシャクシャしてたのでしょう。
心がざわつくと自然とダラダラ長文になってしまうのは我ながら厄介な癖です。本音を言えば、ぐっと堪えて江戸前に「こんちは!権助おもしれえ!さいなら!」といった体で書きたいのですが、こういうダラシナイ記事に限って妙に反応があるから世の中わからない。

4.バンコクナイツ

この映画を観た直後に、タイに転勤された太一さんから偶然連絡がありました。
お元気そうで何よりですが、なんとなく色白のイメージがあった彼が真っ黒に日焼けしているのかなあ、と思うとちょっと楽しい。

5.高座ログ

第四回仔鹿寄席、ご来場いただき有難うございました。
終わった当初、完全放心状態だったのですが、ようやく意識が娑婆に戻ってまいりました。
お忙しいにも関わらず応援にいらしていただいた諸先輩方や仔鹿寄席レギュラーメンバーの皆様、そして何よりお客様の支えがあって、席亭どうにか前に進めております。ほんとです。
既に告知等でご案内の通り、7月15日の第五回は「夏祭りだョ!キャナリー大集合」という事で、仔鹿寄席初、なかの芸能小劇場でのホール落語です!是非お楽しみ頂きたいと思います。今年はそのあと1回、秋頃に予定しております。ただ、私事ですが、春から私の勤務地が台東区から墨田区に変わりますので、「台東区立」の浅草公会堂の予約がしづらくなり、場所が変わるかもしれません。このあたりは第五回目までにここにも載せますね。

貴方の好きな記事はありましたか?
4月も何卒宜しくお願い致します。