落語鑑賞覚書

鈴本演芸場
真打披露興行

花ごめ からぬけ
ダーク広和 奇術
金時 真田小僧
にゃんこ金魚 漫才
さん喬 替り目
一朝 芝居の喧嘩
金馬 紙入れ
仙三郎社中 太神楽
馬風 男の井戸端会議
市馬 狸賽

お仲入り

口上 喬太郎、金馬、ときん、金時、馬風、市馬
ホームラン 漫才
三三 釜泥
喬太郎 茶代
正楽 紙切り
ときん 茶の湯

(敬称略)

職場が変わって、鈴本が定期圏内で無くなる事もあり、また、三遊亭時松改メ、三遊亭ときん師匠が好きだった事もあり。

雨にも関わらず、会場は満員御礼。最後列までぎっちりでした。僕は早めに並んでた甲斐あって、前4列目くらいでのんびり。

仲入り後に真打昇進襲名披露口上。司会は喬太郎師匠でした。新真打から見て大師匠にあたる金馬師匠、膝が悪いという事で普段の高座では見台を置かれるのですが、口上ではそれを微塵も感じさせない見事な姿勢。公演中、稀勢の里が優勝された事もあり、市馬師匠は満面の表情で(笑)相撲甚句を披露されてました。

三三師匠の釜泥は、短い時間ながらキレッキレの演出、口調で爆笑の渦。逆に喬太郎師匠は「茶代」という、あまり聴いた事のない噺をさらっと演られておりました。

本日の主役である新真打、ときん師匠は、趣味の鉄道旅行のマクラから茶の湯に。ともすればビロウな噺なのですが、ときん師匠自身が爽やかなので良い雰囲気。サゲの菜畑の描写に農業愛を感じたのは、ちょっと深読みし過ぎですかね(笑)

写真は会場に飾られてた提灯と、仲入り中に購入した新真打全員のお名前入りの扇子。扇子より手ぬぐいを買われるお客様の方が多かったのですが、アマチュア落語なんて因果な趣味をやってるお陰で、単なるコレクターズアイテムにはならず、実用的(?)に使えて嬉しいような、照れ臭いような。