AKIRA

とりあえず今月の稽古を乗り切ったので、今日は落語の事は考えない(笑)

1988年にレーザーディスクが出てたので、初めて、それを観たのは僕が小学校5年生か、6年生の頃だったと思う。多分、当時はレーザーディスクプレーヤーなんて金持ちで、しかもマニアの家にしかなく、友達の家で観せられたのだが、全然話の内容が分からず、ただ、ラストシーンの鉄雄の身体が暴走するシーンだけは異様に覚えてる。そして其れが怖くて気持ち悪かった事も。

全然関係ないが、当時、何故か気持ち悪い映画ばかり観てた気がする。特に印象に残ってるのは「V(ビジター)」という連続ものの実写SFで、これもまたトラウマ的に嫌だったねぇ。

で、結局、その気持ち悪さを抱えたまま約30年近くほったらかしにした上での再見となりました。奇しくも(興味がなかったので気がつかなかったが、現実で開催が決まった数年前は盛り上がったのだろうか)2020年東京オリンピックに向けて準備中の、ネオ・東京が舞台のSFアニメなのですが、って、もうこの辺りの解説はいらんやね(笑)AKIRA初心者なのよ、ほんとに。

上手い設定だと思いました。きっと、戦争からの復興であったり、学生運動のような内戦のような反政府テロであったり、前のオリンピック開催時のような、高度成長の光と陰のようなものであったり、そういう世相と、SFを組み合わせた物語を作る為に、第三次世界大戦を起こして(しかもその辺りはほとんど描写がない)しまうってのが、常人の発想じゃないよなー。

アニメ表現的にも、勿論、絵柄の古さは感じます(特に博士が使うコンピュータの表現がレトロを通り越して何だか切ない気持ちになってくる)が、冒頭のバイクチェイスシーンのテールランプの流れの美しさなんて、今のアニメに引けを取らないと思いました。てか、CGも碌にない時代にどうやって制御したんだろーなあ。

ちなみに、同時期にやってたアニメが、トッポジージョ、燃える!お兄さん、サムライトルーパー、つるピカハゲ丸くん、ひみつのアッコちゃん等々である事を考えると、あと百年くらい経つとオーパーツみたいな扱いになりそうです(笑)

2019年にリバイバルで劇場公開したら、映画館でみたいですね。

 

はやり歌

J-POPに疎くなった代わりに、通勤中は寄席の歌ばかり聴いています。昔は、「最近の歌とか分からない」と言ってるご年輩の方々を、「町中で流れてるだろうがこのスットコドッコイ」と心の中で罵ってましたが、なるほど興味がないと聴こえてこないものだと思う。でも、演歌の良さはまだ分からない。

いま一番好きなのは「品川甚句」。歌詞の景気の良さと、九州言葉をメロディに落とし込んでるとところがとても心地良い。

次点が「なすとかぼちゃ」。歌詞の世界観が超可愛い。後半のラップっぽいところも素敵。

第3位は「東京節(パイノパイノパイ)」これは寄席の歌ではないのかしら。後半のよく分からない文句が好き。

この三曲をヘビーローテション。アイウォンチュー♪(知ってる限界値)

ツキイチやきもち

いや、別に月一回と決めた訳ではないですが、なんだかんだで定期的に伺ってるので、タイトルを固定化しようと思います。

昨日は、三遊亭天どん師匠で「夫婦合口」。天どん師匠の創作には珍しく?しっとりとした古典風味のラブストーリーでございました。

お客様は、なんと女子少なめ。きっと女子同士が牽制しあったに違いない、と言うのが現場の意見でしたが、どーなんですかねー(笑)

とはいえ、マクラと打ち上げは全然しっとりされてないのが、ある意味安心。天「お前さっさと(新作落語台本)講座来いよ!」福「スビバセン!」という通過儀礼を済ませたので(笑)これからは普通にお伺いしたいと思います。

来月の個人的チューモクやきもち!
3/28(火)の隅田川馬石師匠が気になりますね〜。なんでも、蝋燭を焚いて江戸の夜を再現するとか。怖っ!

http://yakimochi.info

東京タラレバおっさん

人に何かをお願いする時に

「良ければ」

「出来たら」

を添えるのが、口癖になってる事に気付いた。

そもそも人は「良くて」「出来る」と思った事しかしない。

だから「良ければ」「出来たら」は無意味だ。無駄だ。僕の腹にしがみついてる贅肉同然のものだ。判断の切っ先を鈍らせる、脂だ。

なので、この言葉は使わない事にします(…出来れば 笑)

寄席太鼓セット

なんだか貧乏な音大生みたいな荷物ですが、9割が借り物と貰い物なので、洒落になってない(笑)

これからカ◯オケボッ◯ス(まっとうなスタジオを借りる金などない!)で三味線チームと音合わせ!

緊張し過ぎて吐きそうです…。

落語鑑賞覚書

六人の深夜

新宿末廣亭

こみち あたま山
駒次 鉄道戦国絵巻
花ん謝 前田山
さん若 馬の田楽

(敬称略)

全て初めて聴く噺でした。面白かったけど、頭使ってへとへとです。

ヴァーサス!

4/30(土)お江戸両国亭、11時半開演の日英バイリンガル落語会に、今回も出演させていただく事になりました。

まだまだご存知ない方にご説明しますと、同じ演目を日本語落語→英語落語、の順で聴き比べると言う、日本語と英語の、両方の落語教室を抱えるキャナリーならではの落語会。単純な言葉の置き換えには止まらず、二人の演者ならではの演出、表現の違いを楽しめるところが眼目です。また、特に優劣を判定する訳ではないですが、同じ演目を日英で対決!と言うお祭りムード満載の会なのです。

で、ワタクシ福来の対戦相手は…?

 

じゃんっ!

 

キャナリー主宰、

英楽校長っ!!!!!

 

ま、まぢですか…。

 

いやもう、ほんと、敬愛する校長先生の胸を借りるつもりで…

 

やってやるぜゴルァァアッ!!!

 

 

(いや、敢えて対決ムードに寄せてるだけで、本当に敬愛してますって…)

 

詳細が決まりましたら、また告知させていただきます。

何卒、応援の程(笑)よろしくお願いいたします!

2017年1月の振り返り

さすがに、正月は遠くなりにけり、って感じですが、一月の振り返りをば。

1.新春どーでショー

写真一枚で圧倒的なアクセス数。
某SNSやってた頃は正直、あんまりに身近すぎて実感なかったですが、こうして離れてみると本当、人気・実力ともにトップレベルな人達なんだなあ、と改めて思いました。
皆様に最大限の敬意を払いつつ、かつ、皆様の邪魔にならないよう適度な距離から勉強させていただき、僕はこれからも自分のペースでただ前に進みます。

2.禿げたい

こういう、割とシンプルで、かつ既存の価値観を覆すようなタイトルは、稀に書くとそれなりに反応があるみたいですね。
この記事を書いた後、某所でセルフ坊主をされてる方にインタビューをさせていただきましたが「男なら3mmだろっ!」だ、そうです。ちなみに、まだバリカンを買う踏ん切りはついておりません。やれやれ。

3.落語始めだよ!in活ハウス

新年早々、高座に上がれたのはうれしかったのですが、そのあと1回しか行けておらず・・・、面目次第もございません。
今年はもう少し自分なりに活用させていただきたいと思い、現在、調整中です。
何か決まればこのブログでもご案内させて頂きます。

4.チラシが出来ました!

同じ趣味でも、自分の中で明確な区別があって、落語と寄席文字は「修行」、寄席太鼓とチラシは「道楽」という位置づけです。まあ、どちらも純粋な消費活動、儲かる見込みがないってんだから博打よりタチが悪い(笑)でも、そういう意識のせいか、チラシは制約がキツイ方がむしろやる気が出ますね。
この時の縛りは「宣伝期間が短いので各自が印刷できるよう白黒」「でも目立つように」「変なタイトル」(笑)
非常に楽しませていただきました結果がアレです。勿論、チラシ負けしないよう、当日もはりきって演らせていただきます。

5.営業!

なんとか今月1回目のメンバーを集めました。
キャナリーは僕と、もう1人。
あとは寄席文字教室で一緒に勉強させていただいている、別の会の社会人落語家さん2人の計4名。
自分でなければ実現できなかったであろう組み合わせで落語会が出来るってのも、主催者冥利に尽きますね。

貴方の好きな記事はありましたか?今月も宜しくお願い致します。