シニア落語会

長生きも芸のうち、なんて言いますが、65歳以上限定の社会人落語会なんてものがあるそうで、我らがキャナリー落語教室からは花実さんと小楽さんが出場される事になりました!パチパチパチ!!

特に花実さんは第一回から全て出場されてすっかり常連さん。実はこの会、参加者全員に年齢と同じ本数のビールが配られるそうですので、このペースで行けば、生涯ビールを買う必要がないんじゃなかろうかと、実に羨ましく思っております(笑)

にしても、こういう会があると励みになりますね。今年40だから、25年後になったら僕も是非…!と思ったりはするのですが、よく考えたら社会人落語仲間の全員が同じように歳をとっておりますので、相変わらず猿○助じぃさんやら、ちゃ○平じぃさんやら、さ○歩じぃさんやら、ち○りバァさんやら、舞○バァさんやら、○遊バァさんやら(キリがないので後略)が世にはばかり続けるに違いないので、結局、幾つになっても僕は出場できず「なんで前期高齢者と後期高齢者で部門を分けないんだ!不公平だ!」と、デイサービスでお茶を飲みながらボヤいているに違いないのだ。

でもきっとその後、あの人達が亡くなったら多分、とても寂しくなるから、俺ァあんまり長生きはしたくねェなあ、と、やっぱりボヤくのだ。