禿げたい

頭髪で悩んでいる人は、ここから先を読むと怒ると思うよ(笑)

 

自分の毛根のタフネスぶりに悩んでます。と、言うのもね、去年の2月、最初の仔鹿寄席をするにあたって、バッサリと坊主にしたのです。動機はというと、なんか、それっぽく見せたくて。着物を着ようが高座に座ろうが、所詮は素人、コスプレよ。でも、どうせコスプレなら、徹底してそれっぽく寄せた方が、来てくださったお客さんが面白がってくれるかな?と、思ってさ。いや、勿論、稽古に勝る事はないのですが、開催直前まで来て、そんな悪あがきがしたくなったのです。

それからは、まあ、会社が黙認してくれるのもあって、ちょいちょい坊主にするようになりました。とはいえ、さほど髪型に頓着しない性格なので、伸びたら切ると言うよりは、今度、高座に上がるから切ろう、ってくらい。

ところが、有難い事なのですが、昔より高座の頻度が増えてくると、どうしても床屋とのタイミングが合わなかったりして、そうすると、ちょっと髪が長いだけでえらく気にかかるんです。とは言え、自前でバリカン買う程には器用ではないし。

 

だったらいっそ、さぱっと禿げてくれないかなーって。え?禿げたらますますモテない?そうかも、そうかもしれないよ?でも、とりあえずの清潔感さえ出ていれば、髪型は好き嫌いの判断材料にならない気がするのよね。ほら、今年で不惑だし。早い人は禿げ始めても自然な年齢だと思うのよ。知らんけど。

ところが、だ。禿げねーの。うち、両祖父ともつるっつるだってのに、食生活だって褒められたものではないのに、ビクともしない。これは何かの呪いなのだろうか。

って事で、スパッと禿げる方法か、自分の頭をバリカンで綺麗に刈る方法か、どちらかを体得しなければならないと思う今日この頃です。

 

ほーら、

 

 

怒った(笑)

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 初席 第三部

(途中入場)

一朝 初天神
雲助 子ほめ
白酒 新版三十石
小菊 粋曲
権太楼 つる

仲入り

太神楽社中 壽獅子
小三治 小言念仏
小猫 ものまね
喬太郎 擬宝珠
正楽 紙切り
三三 粗忽の釘

(敬称略)

観る側の落語始めでございます。
すっげー混んでるし、短時間で沢山でて目まぐるしいし、でも、正月興行好きなのよね。緩い空気が。

白酒師匠の「新版三十石」は初めて聴きましたが、もう、訛りがきつ過ぎてワチャクチャ(笑)高座の途中で孫からの電話に出るくすぐりにバカ笑いしてしまいました。

喬太郎師匠の「擬宝珠」は生で見るのは初めて。てか、キャナリーの春々さんで先に知った噺なのですが、本家?喬太郎師がやると、うわ、演出がエグい。いい意味で!

三三師匠の「粗忽の釘」は、今日これまで出てきたネタをてんこ盛りに織り交ぜた、おせち料理のような一席。昔、喜多八師匠との二人会でも思ったけど、三三師匠、こういうアドリブ上手いなあ。

今年は何席演って、何席観れるのか?とても楽しみです。落語周囲のあちこちでお会いすると思いますので、重ね重ね、よろしくお願い致します。

 

初詣

今日は早帰り。

仕事は東十条で解散になったので落語「王子の狐」でお馴染みの王子稲荷神社に初詣に行って来ました。

「王子の狐」の粗筋を簡単に言うと、昔から王子では狐がよく人を化かすという噂があった。今日も狐は娘に化けて、ある男を化かそうとするが、男はアッサリ見破る。そこで男は逆に娘に化けた狐“を”化かそうと企むのだが…

と言う噺です。実はプロの噺家さんが演じられてるのはまだ聴いた事がなくて、キャナリーの抜天さんがされてるのを見て知りました。噺が進んでいくと、落語の舞台は卵焼きで有名な料亭「扇屋」に移ります。実は、なんとこの「扇屋」が今も残っていると言う事で、そちらにも寄ってきましたのですが、今では料亭ではなく、屋台として営業されているようです。

残念ながら今回は買いませんでしたが、ちょうど飛鳥山公園の入口にありますので、花見の時期には「扇屋」の卵焼きを買って桜見物なんてのも、ちょっとオツなのではないでしょうか。

あ、おみくじは大吉でした。イェイ♪

落語始めだよ!in活ハウス

まだまだお屠蘇気分が抜けない皆様、
あたしゃ昨日1/3に落語始めを済ませてしまいましたよウフフフフフ。

昨日のお昼に、叔父の遺品整理やパソコンの設定変更等々をしに千葉市へ。
そこで沢山の落語関係CDや書籍をいただきました。
不出来な甥である私と違って、ごく控えめな叔父でしたので、一度も落語談義はした事はありませんし、そもそも好きな師匠すら知らなかったのですが、いつも後悔は先に立ちませんね。叔父はどうやら談志師匠・文珍師匠・小三治師匠が好きだったみたいです。
ただ、悲しい。

で、夕方頃、家族と別れて同じ千葉市内の活ハウスに。
活砲偽さん、李桜さん、また、活ハウスの常連のお客様(と、そのお友達)に
新年のご挨拶をさせていただきました。
実家では寝正月というか、猫正月でしたので、すっかりなまってしまった頭をシャッキリさせる為に、この日は時そば、ざる屋、猫と金魚の3席を稽古。

時そば、はまだ何方もいらっしゃらなかったので、ぼんやりと口慣らしのつもりで。
結果、これは口慣らしでやる噺じゃないですね。ひー。

2席目は新年のおめでたい席という事で、ざる屋、を。
活ハウスがこれからも益々アガる!アガる!ようにと願いを込めて。
全然さらってなかったのですが、しゃべり出すと意外に何とかなってほっとする。
まくらも含めて、ほどよく笑っていただきました。

3席目の猫と金魚、は季節を先取りしすぎの夏の噺ですが、
自分の中で今一番ホットな噺って事もあり、一回でも多く稽古しなきゃという事でゴメンナサイネとお断りしつつ。
前半は割と笑っていただきましたが、後半は一気に失速してるなあ。
これからは寅さんが出てきてからの展開を重点的に稽古しよう。

終わったら山形の郷土料理である、ひっぱりうどんを全員で食べました。
茹でたうどんを納豆、ネギ、ツナ缶、バターを和えたタレにつけて(と、いうより絡めて)食べるのですが、これが旨いの旨くないのって!(旨い)

新年にふさわしい、楽しい落語始めをさせていただきました。
って事で、今年も何卒宜しくお願い致します。

2016年12月の振り返り

あけましておめでとうございます。新年一発目は、恒例の振り返りから。

1.高座ログ

我やが家寄席の代演が堂々の一位でございます。初めての地元公演でもあり、新しくお知り合いになれた方もいて、こども落語事情という、新しい話題にも触れられ、大変に勉強になった一日でした。体型に似合わない意外なフットワークの軽さが信条ですので、これからも是非使ってくださいませ。

2.告知1

別に大した事は書いてないのですが、クリスマス期間中ほったらかしにしてた所為で、色っぽい告知だと誤解した人が多かったのかアクセス数が大爆発してました。なんだかなぁ。

3.ギャップ

これも大爆発に巻き込まれてガツンと三位です。書いてることは事実ですが、言わんでも良い類いの発言ですね(笑)

4.明日はデイケア

今年はデイケアに沢山出演させていただきました、が、まともに高座数カウントしてないので、去年(2016年)は、何席だったのか把握してないんです…。一昨年(2015年)は7席だったから、きっとそれよりは多いと思います。

5.四宿の屁

我ながら、ワンセンテンスの威力を感じる記事ですね。この噺、実にくだらなくて好きなので、いつ覚えようか悩み中です。

貴方の好きな記事はありましたか?2017年も引き続きよろしくお願い致します。