落語鑑賞覚書

昭和元禄落語心中寄席
浅草演芸ホール

小多け 道具屋
三木男 子ほめ
一之輔 初天神
白酒 居残り佐平次

仲入り

柳朝 紙入れ
正楽 紙切り
権太楼 芝浜

(敬称略)

久しぶりに長いよ。

今年で、だとまだ一ヶ月しか経ってないので、ここ数ヶ月で、一番楽しかった寄席でした。

お客さんの半分以上は、生で落語を聴くのが初めてなんじゃないかと思うくらいの印象(入場待ちの時、雑誌か何かのインタビューの会話を立ち聞きしてましたが、何人ものお客さんが「一之輔…?」という反応)で、おかしな雰囲気になったらやだなあ、と、にわか落語ファン的に気を揉んでいたのですが、全くの杞憂でした。

前座の小多けさんを始め、トリの権太楼師匠までずーっと、ビビットに笑い、また反応しておられました(普段の寄席の雰囲気を多少なりとも見てる身としては、小多けさん、スゲエ嬉しかったろうなあ 笑)勿論、初めての方にもキチンと伝わる噺家さん方の芸は素晴らしいものなのですが、初めて聴いたであろう、道具屋に、子ほめに、初天神に、居残り佐平次に、紙入れに大笑いして、紙切りの即妙な技術(と、お題に合わせて即時に選曲、演奏する下座さん)に感動して、最後の芝浜のサゲでは鼻をすすってハンカチで拭う。

当たり前に、そして新鮮に反応する姿に、我ながら浅ましいなぁ、そんなお客さんがちょっとだけ羨ましいと思ってしまいました。でも、それは、あくまで無いものねだりの話で、落語は、知れば知る程、面白さが変化していくものなのだよフフフ…。これで寄席が活気づくと良いですね。特に、3/25に浅草公会堂で開催する仔鹿寄席とか良いんじゃないですかね(笑)

高座の感想は、最近は細かくブログに書かないようにしてますが、一つだけ。一之輔師匠、スゲエわ。俺、あの人と同年代で落語ファンやれて本当に良かったと思います。

“落語鑑賞覚書” への1件の返信

コメントは受け付けていません。