落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 初席 第三部

(途中入場)

一朝 初天神
雲助 子ほめ
白酒 新版三十石
小菊 粋曲
権太楼 つる

仲入り

太神楽社中 壽獅子
小三治 小言念仏
小猫 ものまね
喬太郎 擬宝珠
正楽 紙切り
三三 粗忽の釘

(敬称略)

観る側の落語始めでございます。
すっげー混んでるし、短時間で沢山でて目まぐるしいし、でも、正月興行好きなのよね。緩い空気が。

白酒師匠の「新版三十石」は初めて聴きましたが、もう、訛りがきつ過ぎてワチャクチャ(笑)高座の途中で孫からの電話に出るくすぐりにバカ笑いしてしまいました。

喬太郎師匠の「擬宝珠」は生で見るのは初めて。てか、キャナリーの春々さんで先に知った噺なのですが、本家?喬太郎師がやると、うわ、演出がエグい。いい意味で!

三三師匠の「粗忽の釘」は、今日これまで出てきたネタをてんこ盛りに織り交ぜた、おせち料理のような一席。昔、喜多八師匠との二人会でも思ったけど、三三師匠、こういうアドリブ上手いなあ。

今年は何席演って、何席観れるのか?とても楽しみです。落語周囲のあちこちでお会いすると思いますので、重ね重ね、よろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。