落語始めだよ!in活ハウス

まだまだお屠蘇気分が抜けない皆様、
あたしゃ昨日1/3に落語始めを済ませてしまいましたよウフフフフフ。

昨日のお昼に、叔父の遺品整理やパソコンの設定変更等々をしに千葉市へ。
そこで沢山の落語関係CDや書籍をいただきました。
不出来な甥である私と違って、ごく控えめな叔父でしたので、一度も落語談義はした事はありませんし、そもそも好きな師匠すら知らなかったのですが、いつも後悔は先に立ちませんね。叔父はどうやら談志師匠・文珍師匠・小三治師匠が好きだったみたいです。
ただ、悲しい。

で、夕方頃、家族と別れて同じ千葉市内の活ハウスに。
活砲偽さん、李桜さん、また、活ハウスの常連のお客様(と、そのお友達)に
新年のご挨拶をさせていただきました。
実家では寝正月というか、猫正月でしたので、すっかりなまってしまった頭をシャッキリさせる為に、この日は時そば、ざる屋、猫と金魚の3席を稽古。

時そば、はまだ何方もいらっしゃらなかったので、ぼんやりと口慣らしのつもりで。
結果、これは口慣らしでやる噺じゃないですね。ひー。

2席目は新年のおめでたい席という事で、ざる屋、を。
活ハウスがこれからも益々アガる!アガる!ようにと願いを込めて。
全然さらってなかったのですが、しゃべり出すと意外に何とかなってほっとする。
まくらも含めて、ほどよく笑っていただきました。

3席目の猫と金魚、は季節を先取りしすぎの夏の噺ですが、
自分の中で今一番ホットな噺って事もあり、一回でも多く稽古しなきゃという事でゴメンナサイネとお断りしつつ。
前半は割と笑っていただきましたが、後半は一気に失速してるなあ。
これからは寅さんが出てきてからの展開を重点的に稽古しよう。

終わったら山形の郷土料理である、ひっぱりうどんを全員で食べました。
茹でたうどんを納豆、ネギ、ツナ缶、バターを和えたタレにつけて(と、いうより絡めて)食べるのですが、これが旨いの旨くないのって!(旨い)

新年にふさわしい、楽しい落語始めをさせていただきました。
って事で、今年も何卒宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。