日本ちくわぶの会 定例報告。

近所のファミマがおでん100円以上の具なら全て100円のキャンペーンをやっていたので、早速、今年初のちくわぶ救出を試みるも、既に売り切れ。

たまご
大根
コンニャク
白滝
卵焼き

を購入して帰宅。次の機会を待つ。

落語鑑賞覚書

つる子・音助二人会

於 ミュージックテイト新宿

つる子「戻り猫」
音助「明烏」

仲入り

音助「のめる」
つる子「星野屋」

(敬称略)

最近、残業や忘年会が立て続けにあって、ほんとに久しぶりに仕事帰りに行って来ました。この会は第四回目だそうですが、音助さんの高座を拝見するのは初めて。

開口一番は林家つる子さんの「戻り猫」。全く知らない噺だと思ったら新作落語だそうで、捨てても捨てても戻って来る猫の噺。あらゆる手段を行使して猫を亡き者にしようと企む女将さんが物凄いゲス顔(笑)

二席目は雷門音助さんの「明烏」。いや、噂には聞いてましたが、まー!達者。若旦那、おとっつぁんに源兵衛太助、やり手のおばさんに花魁と、実に器用に演じ分ける。おまけに僅かな仕草がたくさん入ってるから、情報量が多くて唖然。最前列で観た甲斐がありました。

仲入り後は音助さんで「のめる」こちらもシンプルな噺ながら、ちょっと抜けた男と威勢のいい男の対比が楽しい。50銭を賭けて競ってる二人が本当に仲よさそうでいいなあ。

トリはつる子さんの「星野屋」。これも強かなお妾さんが楽しい噺。にしても、どうしてこの人は悪い顔が上手いのだろう。海老◯家にお手本があり過ぎたのだろうか(笑)サゲはちょっと後味が悪い噺なんですよね。でも、あんまり物事を深く考えない軽い感じなので救われたかも。

帰りは会場の近所にある蒙古タンメン中本に寄って蒙古丼なるものを食う。辛い!旨い!明日の胃腸が心配!

この世界の片隅に

 

何度も眠りを妨げた緊急地震速報のアラーム。

数年前、自衛隊の演習場で感じた、空気が炸裂した時の音。風圧。

さらに何年か前、広島出張の合間に覗いた原爆ドーム。

子供の頃に体験した隣家の火事。頬を撫でる炎の熱さ。

ラジオから流れる昔の唄。

今朝、斎場で見つめたばかりの、別人のような親戚の死に顔。灰の匂い。

そんな自分の記憶と照らし合わせながら観てました。勿論、実際に戦争を体験した方の数万分の一でしょうけど、これまで、どうしても別世界だった戦争映画の世界と、今の世界が、この映画を観て、初めて地続きになってると感じました。

高座ログ

於 神楽坂デイケア

福来「からぬけ」

七味「権助魚」

福来「時そば」

 

昨日も書きましたが、私は二席勤めました。

一席目「からぬけ」は、なぞなぞシーンに反応をたくさん頂いた。元々、ネタ選びが下手なせいで、これまで小難しい噺ばかりにお付き合い頂いたデイケアのおじいちゃんおばあちゃんへ、恩返しも兼ねて選んだ面もあるので、この反応は素直に嬉しい。

七味さんの「権助魚」は、発表会でネタ下ろしされたばかりという事もあり、超ハイクオリティ。事ある毎に主張しているのですが、七味さんは八つぁん熊さん権助みたいなコミカルな役どころが際立つし、それは七味さんの努力の成果だと思うのですが、この人の本領は、艶のある女将さんなのです。これをなんとか多くの人に分かって頂きたいので、来年、仔鹿寄席に出て頂こうかと画策中。

最後は「時そば」。これは曰くのある噺で、去年の最後の高座が神楽坂デイケアでの時そば。これがまー、控えめに言っても針のむしろ。終始無音で、それが焦りを生み、結果、全く受けなかった。せっかく二席頂けるならリベンジしよう、と言う寸法なのですが、結果としては、ところどころ外してはいるものの、楽しそうに眺めていたり、ところどころで頷いてたり、去年より遥かに反応がありました。

もちろん、それはこの一年間で多少なりとも上達したのかもしれませんが、一番大きいのは、最近、高座ではコンタクトレンズにしまして、お客様から、音にならない情報も汲み取れた事で、僕自身が安心して出来たってのも大きいと思う。

ところが、好事魔多しとはこの事で。

お客様と盛り上がったラストシーンで「銭は細けえから手を出してくんな!ひぃ、ふう…なな、やあ、いま何時だい?」

「五つで」

「(演技で)五つぅ?…(素で)え?五つ!?…いつ、むー、なな、やあ」

だ、台無し…。

わー!ごめんなさい!来年もやるから、長生きしてね。

 

と、

これで、デイケア含めて今年の高座はおしまい…と、思ったら、どうやら急遽、年の瀬にボーナストラックをいただけそう。詳細は近日!

明日はデイケア

なのですが、いつも斡旋して下さる、みみ寿さんから電話があって、出演者の一人が来られなくなり、急遽、二席やってくれないか、と相談を受けたので

 

僕の方は二席だろーと三席だろーと大丈夫です!どっちかというと問題は、それを聴かなきゃいけないおじいちゃんおばあちゃんの方で!

 

と、快くお答えしたら、ツボにはまったのか電話先で笑いが止まらなくなって暫く会話にならないご様子。

敢えて謙虚に言ったのに(´・_・`)

ダメだこりゃ

最近、氷結のCMで志村けんが東京スカパラダイスオーケストラとのコラボで三味線を弾いてて、それはとても格好いいんだけど、

どうしても、こっちを思い出して、ちょっと泣きたくなる。

四宿の屁

仕事で凡ミスし、高座で挽回も出来ず。そんな日もあるさ。

そんな日は、屁をこいて寝ちまおう。

CD版 小沢昭一的 新宿末廣亭 特選三夜

つい二週間前に発売したばかりなのに、今現在、まったくどこにも売ってない。

日本で初めて学校内に「落研」を作った男、または現代天狗連最強の男こと、小沢昭一さんが末廣亭に上がった話。書籍であるのは知ってましたが(とはいえ、そちらも手に入れてないのですが・・・)音源が残っていたとは!

完全に出遅れた~へたこいた~orz

そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい、オッパッピー!!

CD版 小沢昭一的 新宿末廣亭 特選三夜

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M186VD2/ref=cm_sw_r_cp_api_BAxrybNAD8RT2

高座ログ

img_0013

我やが家寄席

Facebookでお世話になってる相模亭一門のアイドル、まり雄くんが体調不良になり、急遽、代演に伺いました。

いや、面白かったです。普段、自分がやってる環境、例えば両国亭とか、浅草公会堂とか、デイケアとは全く異なる、「お座敷」の雰囲気に演ってる方もうっとり。今回は季節柄、ベーシックなネタでしたが、ちょっと猥褻だったり、ちょっと下世話だったり、そういうのをかけると面白そうだなあ。

あと、本来のゲストである、ひむか亭さき、さん。花の女子大生なのですが、こども落語大会の最多決勝進出者だそうで、立ち振る舞い含め、かなり勉強になりました。

帰り道の方向が同じだったので、こども落語界について色々伺ったのですが、ある意味、社会人落語以上にディープな世界だと思いました。