この世界の片隅に

 

何度も眠りを妨げた緊急地震速報のアラーム。

数年前、自衛隊の演習場で感じた、空気が炸裂した時の音。風圧。

さらに何年か前、広島出張の合間に覗いた原爆ドーム。

子供の頃に体験した隣家の火事。頬を撫でる炎の熱さ。

ラジオから流れる昔の唄。

今朝、斎場で見つめたばかりの、別人のような親戚の死に顔。灰の匂い。

そんな自分の記憶と照らし合わせながら観てました。勿論、実際に戦争を体験した方の数万分の一でしょうけど、これまで、どうしても別世界だった戦争映画の世界と、今の世界が、この映画を観て、初めて地続きになってると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。