VR小噺

そろそろ年末恒例、ユーキャンの流行語大賞の季節ですね。
今年ノミネートされるかどうかは分かりませんが、VRという技術が流行っているそうです。
VR、パチンコ台の事じゃないですよ、いわゆるバーチャルリアリティという奴でして、専用のメガネをかけると、まるで自分がゲームの中に入ったり、映画の中に入ったりとコンピューターが作った仮想現実が楽しめる訳でございます。
今年10月に発売された新型ゲーム機、プレイステーションVRも未だ予約殺到で、VR市場全体としては10兆円規模と言われております。すごいですねー。

で、こういう新技術にいち早く飛びつくのが軍需と、ゲームと、そしてエロの世界でして、ここにいらっしゃるお父さん方に朗報です!早速、仮想現実を楽しめるアダルトビデオ、いわゆる「VRポルノ」というものが市場に出始めているそうですよ。

でもこれ、せっかくだから何か落語に転用できないかな。
と、思って先日考えたのがVRはVRでもバーチャル落語会(Virtual Rakugokai)。

例えば、なかなかチケットを取れない柳家喬太郎師匠とか、春風亭一之輔師匠とか、立川談春師匠とかの独演会に、自宅に居ながらまるで会場にいるかのような雰囲気で楽しめる、あんまりリアル過ぎて、隣のバーチャル親父が携帯電話鳴らしたりとかね。
まあ、そんな時代は意外に早く来るんじゃないかと思います・・・

でも、私が一番実現してほしいのは、もうお亡くなりになった昭和の名人の高座をVRで再現してほしいです。圓生師匠だったり、志ん生師匠だったり
会場だって今は存在しない、たとえば東宝演芸場とか、人形町末廣とかを再現してうっとり酔いしれてみたいのですが・・・すちゃ(とメガネをかける)。

今日もバーチャル圓生師匠の「文七元結」、最高だったなあ(外す)、
あれ、なんかメガネの横にボタンがついてる、名人モード?なんだこりゃ。
えー、なになに、名人モードは、噺家さんの視点で落語会がお楽しみいただけます?
へー、やってみようかな、すちゃ。
おお~、確かに高座の上だわ。圓生師匠の視点が体験できるのか・・・!
受けてる!俺すげえ受けてるぞ!(圓生師匠に動きを合わせて)「さいでげす」・・・どっかんどっかん受けてる!
「文七元結、お時間でございます」パチパチパチ!わ~、た~の~し~い~!
で、メガネ外すと一人暮らしのボロアパートに戻ってくる訳でして、はあ、、、も一回やろうかっ!すちゃ。

ってな具合でね。徹夜なんてしちゃってね。
翌日ふらっふらで高座に上がるからなーんにも受けなかったりするわけですよ。

はあ、あ~あ、今日の客は本当に分かってねえなあ、俺、名人なのに、、、すちゃ。

・・・こういうのも「VRポルノ」に入るんですかね?
なんとか孤独死しないよう気を付けたいと思います。

 

ここにいるお客様は、VRじゃありませんよね?

扇子

img_1379

落語教室に入門したとき、初めて貰った扇子が何故か米團治師匠のこれ。後から分かった話なのですが、普通は初心者用に無地の扇子を渡す事が多いそうなので、まあ手違いなのかもしれない。

あれから何本か扇子が増えてはいるのですが、どうしても使い慣れたこれに戻って来てしまう。別にケチでそうしている訳ではなく、新しい扇子は硬いので、いざという時(いざってなんだよ 笑)にパッと開かないかも、という不安に襲われるのです。その点、こいつはだいぶ薄汚れて来ている代わりに挙動が軽いので、頼りになる相棒(相扇?)なのだ。歴戦の勇者、と言える程使ってあげられてない(不器用なので、扇子を使う噺を選んでないのです。てか、ほとんど、持って上がらなくても困らない噺ばかり…)のが情けないところですが。

なので、次の噺では、ちょっとだけ、扇子をこき使ってみたいと目論んでおります。

高座ログ

きっすい寄席

鹿鳴家福来「四人癖」
二松亭牛志楼「しの字嫌い」
鹿之家さん歩「安兵衛狐」
仲入り
二松亭若大笑「高砂や」
二松亭風林火山「臆病源兵衛」

ききき緊張しましたっっっ!!!
でも、なんとか出し切り、
お客様にも何箇所か笑っていただけたから
やっぱり手を挙げてよかったと思います。
ほんと、勇気出してよく手を挙げた!
それだけは、自分を褒めてあげたいと思います。
ご来場のお客様、並びに二松亭の皆様、
本当にありがとうございました。

打ち上げでまたも泥酔。
最近、本当に酒に弱くなっている。
てか、これでようやくフツー?
かなり記憶が曖昧なのですが、
朝、自宅で目が覚めると
枕元には「ナンシー関大全」
?!??!???!!?!!!!???

(追記)

思い出しました。酔っ払ったまま会場の近くの古本屋に突入し、物色してたらコケシを棚から大量に落としてしまったお詫びに何か買わなきゃ、という使命感で買ったのでした。

にしても、なんでよりによって全く手を出した事のないナンシー関なのか。

リンクについて

1つ追加しました。

「演芸、舞台、時々  天狗連」という、匿名の(私はどなたか知ってますが)社会人落語家さんのブログです。よろしければ、是非。

http://kojikayose.wpblog.jp/リンク/

堀からおっこって

昨晩、妙に寝付けなかったので、ふと思い立って小さな音量で「欠伸指南」を聴いてたら、うまくハマったらしくぐっすり眠れた…のは良いが、思い返すとそれは一◯輔師匠の音源だったので、それはつまり同い年のおっさんに寝かし付けられた気がしてちょっと薄ら寒い心持ちになる。

にしても、いま聴き直すと何故こんなハイテンションな高座で寝れたのか…。工夫はいらないっ!!

そういや最近、◯之輔師匠の高座を生で聴いてないな。安眠の一方的なお礼に、近々行ってみたいと思います。

すみませんっ!

本日、ほぼ私信のつもりで書いてた発表会の受付お手伝い募集の知らせに、心配したお客様から名乗り出ていただきまして…。いや、まったく想定してなかったので、いっかーん!と慌て丁重にお断りした後、記事を削除しました。

はー、凄え変な汗が出た。いやまったく、不人気ブログだと思って油断したらダメですね。

まあ、確かに私だって、普段遊びに行ってる社会人落語会のブログでそんなこと書いてあったら「俺で良けりゃお手伝いしますよ!」と名乗り出るな。確実に手を挙げるな。だからこれは100パーセント自分のミスでした。

面目次第もごさいませんが、改めて大事な事を勉強させていただきました。これからは、キャナリー1の人気ブロガーとしての自覚を持ち(社会人落語家1の、と書かないところが我ながらとても謙虚♪)気を引き締めます…。

まくら

ピローの事じゃないよ。ピロピロー。

落語を習い始めてから随分経っても、まくらが凄え苦手で。苦手だから嫌いでした。もともと、発表会の持ち時間が落語本編でやるのに手一杯なので、せいぜい、自分の名前と、一席おつきあい願います、くらいで十分だったのですが…。

最近は、発表会以外でも人前でおしゃべりをする機会に恵まれてますので、どうしても枕が必要になってくる。だから、苦手とは言え、あまり嫌ってもいられないのですが、どうしても緊張します。ウケないマクラならやらない方が良い、と言う教えもありますが、ウケるマクラは本当に頼りになる味方なのは、やってる皆様にはご承知の通り。

なんか、手探りでつらつらと書いてますね。眠いのか俺。

マクラには小噺を話すタイプと、近況、時事ネタを話すタイプに分けられる、と、思うのですが、ここんところの傾向を見ると、こんな駄ブログでも頭の中で構成する稽古になるのでしょう、自分は後者の方が比較的、笑っていただいてるようです。

だから、なるべく旬なネタになるよう、日程ギリギリまでマクラの中身を考えないようにしてるのですが…情けない話、最近は会社行って帰りにジム寄って家で稽古して、という味気ない日々を送っているので、なにも思い浮かばない…。きっすい寄席まで4日後ですから、そろそろ骨格くらいは決めないとなあ。

あ、いくら旬でも大統領選ネタはしません。政治経済は不得意分野なので(笑)

オズの魔法使い

一言で言って、愛される映画だと思いました。

CG全盛の現在に比べて、手作り感溢れ過ぎる程のチープな背景も、魔女が登場・退場する時に噴出するピンクの煙も、微塵もライオンには見えないライオンも、悪い魔女の呆気ない最期も、大魔王オズの正体も、いまの感覚だとほとんど失笑ギリギリの映画、なのだと思うのだが、

なんだろう、それを補って余りある独創的な世界観と登場するキャラクター達の他には代え難い魅力。特に案山子の演技全般と悪い魔女が住むおばけの森の造形はキュンキュンしました。これはSFファンの言うセンス・オブ・ワンダーと言う奴なのかも?

勿論、主題歌のオーバー・ザ・レインボー(蛇足ですが、私は洋画や洋楽は基本的に英語そのままの題名の方が良いと思うのですが、何故かこの曲については、邦題の「虹の彼方に」の方が響きが素敵だと思う)は最高でございます。歌いたいッ!カラオケ行きたいッ!

クラス替え

まだ、発表会が残っていますが、とりあえず稽古としては桂文雀師匠クラスは本日で卒業となりました。来期から古今亭ちよりんさんクラスに移ります。古今亭菊太楼師匠クラスから文雀師匠クラスに移ったのは2014年冬。師匠からは四人癖、棒鱈、時蕎麦、もう半分、穴子でからぬけ、の稽古をつけていただきました。こうして見ると、本当に順序が滅茶苦茶だ(笑)いやいや笑い事じゃないですね。ご面倒、多々あったかと思います。本当にありがとうございました。

とは言っても私の事ですから、発表会だったり振替だったりで、近所なのをいいことにフラフラお伺いする事もあるかと思います。その時はまた、遊んでいただければ幸いです。

ちよりんさん、また、ちよりんさんクラス生徒の皆様、ふつつかな若輩者ではございますが、何卒ご教授の程、よろしくお願いいたします。