はじめての歌舞伎

於 国立劇場
仮名手本忠臣蔵 第二部

先日、ちよりんさんクラスに振り替えで伺った時に、打ち上げまでお邪魔したのですが、ちょうど忘年会の相談されてましたので、そちらに乗っかる(笑)日中は歌舞伎、夜は鮟鱇鍋の超豪華絢爛コース。私は歌舞伎初体験となるのですが、自分なりに印象に残った事をつらつらと箇条書きにしました。敬称略です。

・三階席だったのですが、高すぎて足がすくむ。最後には慣れてきましたが、今度はもう少し低い席で行こう。

・道行旅路の花婿。鷺坂伴内(亀三郎)のちょっとお調子者の下っ端っぽい動きに、早速先入観が崩れる。あれ?思ったよりもカジュアルな世界だぞ。

・五段目。山崎街道鉄砲渡しの場、同 二つ玉の場。まず、幕を開けると更に白幕がかかっており、それが大きくたなびきながら掃けていき、中央に勘平(菊五郎)登場。うわ、色っぽー。

・あっと言う間の出番しかない定九郎(松緑)が白眉。刺し殺した与市兵衛を一瞥もせずに花道で見得を切る。超かっこいい。龍玉師匠の人殺し噺に似た(ルーツで言うなら逆でしょうけど)ピカレスクを感じました。

・六段目。与市兵衛内勘平腹切の場。源六(團蔵)の口調がとても落語っぽい。よくよく考えたら、主人公格の何役か以外は、普通のお化粧。全員、隈取りしてると思ったので意外。

・勘平の切腹がグロい。直接的な表現はないが、胃がきゅーっとなる。

・七段目。祇園一力茶屋の場。一力茶屋のセットが豪華。特に襖を開けた後の奥行き表現は、現代的だなあ。雰囲気もなんだか明るくて楽しい。

・遊女おかる(雀右衛門)爆誕!なんだあの色気は。平右衛門(又五郎)とのやりとりが深刻だけどほっこり。

・落語でお馴染みのキラーワード続出。「じゃらつきだして身請けの相談」「その頼みと言うのは」「勘平という夫もあり」なんてのは、そのまま落語の「七段目」だし。「互いに見交わす顔と顔」「そういう貴方は〜さん」なんて、落語に出てくる歌舞伎パロディ的フレーズが大量に出てくる。若旦那が演じられるようになったら、やってみたいなあ、「七段目」。

・パンフレットは900円。まあ、映画のパンフを考えると妥当か。台本は550円で購入。これは安い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。