やきもちみたび

いちおう、来月にデイケア訪問がまだ残ってますが、今年、皆様をお誘いできる落語会は、昨日で最後になりました。

ちょっと早いですが、一年間本当にありがとうございました。

 

まあ、すぐ次の噺の稽古は始めるし、その合間で寄席文字や出囃子(太鼓)も、もっと磨かなきゃなので、あんまりのんびりしれられないのですが、とはいえ、年明けまでは観る側にまわって楽しんで勉強♪

ってことで観る側の出没予定。

先日、小料理屋やきもちで毎週火曜日夜に開催されている落語会(玉の輔師匠でした)にお伺いしましたら、これがすげえ面白かったです。通常、飲食店で開催した場合、落語会と打ち上げがきっちり分かれているのが定番パターンなので、飯食いながら落語聴くなんて、本当に楽しいのかなあ?と半信半疑だったのですが、俺が間違ってました。寄席の酒客と違い、しっかりとした食事と、きちんと落語を聴く態勢のお客様が揃っていますと、とてもリラックスで贅沢な気持ちを味わえます。

あー、あの女将が作りたかった御座敷の雰囲気はこれかー。

でね、年末2件ほど予約しちゃいました。

http://yakimochi.info/schedule/

今月29日の春風亭百栄師匠は「キス研」目当て。社会人落語の方々の高座では何度か拝見してるのですが、当人のはまだ経験していないので、最新型「キス研」を味わってきます。

来月20日は神田松之丞さん。僕が説明するまでもない超人気の若手講談師です。これは混む。絶対混む。やきもち、は比較的小さめの会場(ガンガン詰めてキャパ30名ほど)ですので、とんでもない事になる予感。いや、むしろ美人女将よ、俺はもう予約完了したし、ゆったり観たいので予約人数を絞ってくれまいか(最低)。

あと、上記サイトには書いてないですが、来月27日の柳家小ゑん師匠の会は、名作「ぐつぐつ」を聴きながらおでんを食べるという、ちょっと正気を疑うとてもユニークな企画。これも余裕があったら伺いたいですね~。

 

(追記)

さっそく、上記リンクを使ってやきもちホームページに行ってる方が何人かいらっしゃいますね。落語会をご予約の際、「鹿鳴家福来のブログから来ました」と一言添えると漏れなく、、、僕が喜びます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。