落語鑑賞覚書

古金亭ふたたび
於 お江戸日本橋亭

小駒「垂乳根」
龍玉「駒長」
馬生「二番煎じ」

仲入り

今松「首ったけ」
雲助「夢金」

(敬称略)

久しぶりに衝動ではなく(笑)、結構前から予約して楽しみしてた会なのですが、もー!大満足でした。

小駒さんの「垂乳根」は、正確には受付で途中から聴いてたので曖昧なのですが、烏カァで夜が明ける、前に終わる型。凄く笑いが多かったなあ。

龍玉師匠の「駒長」は、粗筋は知っていたのですが、聴くのは初めて。所謂、美人局の噺で、悪党が似合う(大絶賛してます)龍玉師匠にぴったり。直接的なDVシーンが頻繁に出るのも、まず今の寄席じゃあ聴けなそう。

馬生師匠の「二番煎じ」は、寒々しい冬にぴったりの火回りの噺。登場人物がやたら多い上に、一人一人のキャラクターが際立ってる物凄い難しい噺ですから、とても私には手を出す可能性はないですが、明るくて好きですね。本編とはあまり関係ないですが、「キセルの雨が降るようだ」というフレーズは、いつか何処かで言ってみたいです。

今松師匠の「首ったけ」も、初めて聴く噺。お見立て、だったり、三枚起請、だったり、五人廻し、だったり、大抵の廓噺は花魁に振り回される男を笑うのですが、この噺は性悪の花魁が酷い目に合うのを笑うという、これも寄席じゃあ聴けないだろうなあ。ともすれば女性が眉をひそめそうなのだけど、上手く同情させないように演じられてるのは見事でした。

トリは雲助師匠の「夢金」。上記の通り、他の師匠も素晴らしかったのですが、やっぱり今日の目的はこの師匠でこの演目。侍の悪党っぷりが際立つ程、船頭の(まあ、こっちも善人とは言えなくて、それがこの噺の好きなところですが)格好良さが引き立ち、背景の雪景色と相まって芝居を見てるかのようか気持ちになりました。これを一人で表現するんですから、噺家さんってのは本当にすごいと改めて思いました。

連絡事項

先週末に携帯電話の契約を変更し、softbankからUQモバイルになりました。

電話番号は変わらず引き継いでおりますが、今までsoftbank.jpメールでやりとりしていた方はメールアドレスが変更になりますので、既に新しいアドレス(~gmail.com)をお送りいたしました。お手数かと存じますが、住所録の変更をお願い致します。【以前からgmail.comメールでやりとりしている方は、そのままの設定で結構です。】

また、セキュリティの設定によっては、一部の方は新メールアドレスのご案内が迷惑メールフォルダに入ってしまってるようですので、まだ届いていないという方は、迷惑メールフォルダをご確認お願い致します。そちらでも確認とれないという方は、このブログにコメントを書き込んでいただければ、改めてこちらからご連絡いたします。(コメントはブログには表示されません)

何卒宜しくお願い致します。

はじめての歌舞伎

於 国立劇場
仮名手本忠臣蔵 第二部

先日、ちよりんさんクラスに振り替えで伺った時に、打ち上げまでお邪魔したのですが、ちょうど忘年会の相談されてましたので、そちらに乗っかる(笑)日中は歌舞伎、夜は鮟鱇鍋の超豪華絢爛コース。私は歌舞伎初体験となるのですが、自分なりに印象に残った事をつらつらと箇条書きにしました。敬称略です。

・三階席だったのですが、高すぎて足がすくむ。最後には慣れてきましたが、今度はもう少し低い席で行こう。

・道行旅路の花婿。鷺坂伴内(亀三郎)のちょっとお調子者の下っ端っぽい動きに、早速先入観が崩れる。あれ?思ったよりもカジュアルな世界だぞ。

・五段目。山崎街道鉄砲渡しの場、同 二つ玉の場。まず、幕を開けると更に白幕がかかっており、それが大きくたなびきながら掃けていき、中央に勘平(菊五郎)登場。うわ、色っぽー。

・あっと言う間の出番しかない定九郎(松緑)が白眉。刺し殺した与市兵衛を一瞥もせずに花道で見得を切る。超かっこいい。龍玉師匠の人殺し噺に似た(ルーツで言うなら逆でしょうけど)ピカレスクを感じました。

・六段目。与市兵衛内勘平腹切の場。源六(團蔵)の口調がとても落語っぽい。よくよく考えたら、主人公格の何役か以外は、普通のお化粧。全員、隈取りしてると思ったので意外。

・勘平の切腹がグロい。直接的な表現はないが、胃がきゅーっとなる。

・七段目。祇園一力茶屋の場。一力茶屋のセットが豪華。特に襖を開けた後の奥行き表現は、現代的だなあ。雰囲気もなんだか明るくて楽しい。

・遊女おかる(雀右衛門)爆誕!なんだあの色気は。平右衛門(又五郎)とのやりとりが深刻だけどほっこり。

・落語でお馴染みのキラーワード続出。「じゃらつきだして身請けの相談」「その頼みと言うのは」「勘平という夫もあり」なんてのは、そのまま落語の「七段目」だし。「互いに見交わす顔と顔」「そういう貴方は〜さん」なんて、落語に出てくる歌舞伎パロディ的フレーズが大量に出てくる。若旦那が演じられるようになったら、やってみたいなあ、「七段目」。

・パンフレットは900円。まあ、映画のパンフを考えると妥当か。台本は550円で購入。これは安い気がします。

やきもちみたび

いちおう、来月にデイケア訪問がまだ残ってますが、今年、皆様をお誘いできる落語会は、昨日で最後になりました。

ちょっと早いですが、一年間本当にありがとうございました。

 

まあ、すぐ次の噺の稽古は始めるし、その合間で寄席文字や出囃子(太鼓)も、もっと磨かなきゃなので、あんまりのんびりしれられないのですが、とはいえ、年明けまでは観る側にまわって楽しんで勉強♪

ってことで観る側の出没予定。

先日、小料理屋やきもちで毎週火曜日夜に開催されている落語会(玉の輔師匠でした)にお伺いしましたら、これがすげえ面白かったです。通常、飲食店で開催した場合、落語会と打ち上げがきっちり分かれているのが定番パターンなので、飯食いながら落語聴くなんて、本当に楽しいのかなあ?と半信半疑だったのですが、俺が間違ってました。寄席の酒客と違い、しっかりとした食事と、きちんと落語を聴く態勢のお客様が揃っていますと、とてもリラックスで贅沢な気持ちを味わえます。

あー、あの女将が作りたかった御座敷の雰囲気はこれかー。

でね、年末2件ほど予約しちゃいました。

http://yakimochi.info/schedule/

今月29日の春風亭百栄師匠は「キス研」目当て。社会人落語の方々の高座では何度か拝見してるのですが、当人のはまだ経験していないので、最新型「キス研」を味わってきます。

来月20日は神田松之丞さん。僕が説明するまでもない超人気の若手講談師です。これは混む。絶対混む。やきもち、は比較的小さめの会場(ガンガン詰めてキャパ30名ほど)ですので、とんでもない事になる予感。いや、むしろ美人女将よ、俺はもう予約完了したし、ゆったり観たいので予約人数を絞ってくれまいか(最低)。

あと、上記サイトには書いてないですが、来月27日の柳家小ゑん師匠の会は、名作「ぐつぐつ」を聴きながらおでんを食べるという、ちょっと正気を疑うとてもユニークな企画。これも余裕があったら伺いたいですね~。

 

(追記)

さっそく、上記リンクを使ってやきもちホームページに行ってる方が何人かいらっしゃいますね。落語会をご予約の際、「鹿鳴家福来のブログから来ました」と一言添えると漏れなく、、、僕が喜びます(笑)

発表会を終えて

今日は生憎の天気の中、沢山のお客様に発表会にお越しいただき、誠にありがとうございました。

正直、本当にウチのクラスはここんとこお客様不足に悩まされておりましたので、職場バレのリスクを冒してでも(笑)お呼びした甲斐がありました。楽しく笑っていただけたようで私含め演者一同、励みになりました。よければ、また是非いらして下さいませ。

 

ってとこまでがお客様向けのオフィシャルな内容ね。

以下、内輪向け(笑)

 

いやー!終わった!からぬけた!

これで「からぬけ」が解禁になりました。勿論、今がようやくスタート地点ではありますが、手前味噌ながら、使い勝手の良さも含めて、久しぶりに積極的に売り出せる「武器になる」根多に育てられそうです。

これからあちこちでかけていきます。何卒よろしくお願いいたします。

ジンクス

img_0003

確か「時蕎麦」を習ってた頃からだと思いますが、発表会当日の朝は地元の、決まった立ち食い蕎麦屋で天玉蕎麦を食べる事にしています。

発表会中はどうしても昼飯が疎かになるのと、最初にやった時の高座で比較的笑っていただいた事が理由なのですが、勿論、ウケない事も珍しくないので、ジンクスと呼ぶには頼りない(笑)

でも、今更変えるのも面倒だという事で、なんとなく続けております。

さ、

今日もたくさんのお客様の笑顔が見れますように!

 

地震

何年も自転車乗ってなかったのに、いざサドルに座ると身体が勝手に動く、くらい自然に震災当時の恐怖が再現され、心が止まりそうになってしまいました…。

僕は人一倍怖がりで緊張しぃなので、子供の頃はしょっちゅう過呼吸を起してました。小学生の頃から、怖がりの克服と友達作りを目的に、空手道場に7~8年程通ってたのですが、練習ではそれなりの実力を発揮できても、大会に出場すると、試合前にぶっ倒れて何回も棄権してたっけ。戦って担架で運ばれるなら兎も角、試合相手の顔も見ないまま、控室から担架で運ばれる選手ってのは、当時も中々いなかったと思う。

そーゆー情けない奴なのです。

そのせいか、今では速やかに緊張を解く手段を幾つか持ってます。例えば、こういう時は強引に笑顔を作ると立ち直りやすいです。恐怖を楽しめ、緊張を味方にしろ。深呼吸して、視界を広げよう。と、心の中で呟いてると、ほらね、直ぐに心が騙されて、なんとなく余裕が出来て、身体が最善で動けるようになります。

大人になって、自分の周りにはそれほど怖がりな方はいないから、余計なお世話だとは思いますが、まあ、半分は心の中に潜んでいる小さな自分の為に書いてます。

大丈夫、大丈夫。

 

聖の青春

 

もしも神様がいて、類稀なる才能を与える代わりに人生を奪うと言ったら。

千葉大会

出場はできなかったけど、土曜日の予選にはいかなかったけど、
日曜日の本選と打ち上げにはお邪魔しました。

たくさんの人にいろいろお話をさせていただいて、
詳しい内容は勿論ここには書けませんが、
落語の上手い人はどうして上手いのか、
逆に、僕はどうして、いつまでも上手くなれないのか
理由の一端が分かったような気がしました。

悩んでるときにはひたすら悩み続けるのが短所ですが、
分かった気になったらちゃんと動けるのが自分の長所だと思いますので、
まずは23日の発表会に向けて出来る事をやろう。

出場者の皆様、お疲れ様でした。