高座ログ

バイリンガル落語会

於 お江戸両国亭

出演者、番組は長いので(こらこら)チラシの内容を貼っておきます。

img_1232

僕は、開口一番で日本語の「からぬけ」を務めさせていただきました。これがまあ、ここ数回の出演の中で一番、マクラも含めて沢山笑っていただきました。特に昨日、今日と両方見て下さった方全員から「昨日の千早振るより面白い」という意見を多数。おおぅ!?あのー…昨日も割と笑っていただいたつもり(主観)なのですが…。

ま、まあ、ネタ選びの方向性は昔より合っているって事で善哉、善哉。

打ち上げでは、英語落語のクラスの方々から、ドイヒーな(モヤさま風)サンフランシスコ珍道中のエピソードをお聞きして大爆笑。それ、マクラどころか一席作れますって!英語落語は出来る自信が全くないですが、次の海外遠征にこっそり紛れ込みたくなりました。

写真は開演前。バイリンガールズとバイリンボー、ぼー、バイリンオヤジ達。

img_1358

 

次の高座は11/13、きっすい寄席!!!二松学舎落研の聖地に、先日、前座噺の会でお世話になりました鹿之家さん歩さんとお伺いしてきます!

僕の演目は「四人癖」。なんでこのネタを選んだかと言うと…それは当日のお楽しみ♪

高座ログ

第三回仔鹿寄席
於 浅草公会堂

かほり「ストレスの海」
福来「千早振る」
小誠「死神」

仲入り

そこそこ「宗論」
河童「ガーコン」
まさ治「粗忽の使者」

今回も満員御礼でした!(約65名)
たくさん笑っていただきまして、また、席亭としましては、ほぼ出囃子につきっきりで会場の様子が見れなかったのにも関わらず、大きなトラブルもなく終幕できた事が、すごく嬉しいです。メンバーの皆さんは勿論、お客様のご協力なしには成立しませんので、重ねて御礼を申し上げます。

次回、第四回は2017年3月、場所はいつもの浅草公会堂を予定しておりますが、早くも手狭になってきた事と、やっぱり和室に長時間座ってるのは負担が大きい、というお客様のご意見に沿うよう、次回で一旦、浅草公会堂での活動を離れて、第五回(2017年7月予定)は、もう少しゆったりとくつろげる、椅子席の会場にチャレンジしてみたい(あくまで予定ですが)と思います。詳しい内容は、第四回でお知らせしますね。

来年も何卒、仔鹿寄席をよろしくお願いします。

落選通知。

暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく

勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

中島みゆき「ファイト」

昨日は仔鹿寄席にご来場いただき、ありがとうございました。詳しい内容はまた別途、ご報告しますが、その前に。

去年に引き続き、千葉国際に落選しました。
悔しいですが、それでも、今の出来るベストの映像を送ったので、後悔せずに済みました。だから、実力に対する、正しい結果だと思ってます。
でも、聞くところによると年々、審査が厳しくなってると言いますし、たとえ後悔しなくても、今のアプローチじゃ何年かかっても通らないと言うのも、また現実。このまま、潔くぜんぶ諦めて、大会なんて関係ねえよ、もっと楽しく暮らそうじゃねえかって嘯いていたって、別に落語を続けられない訳じゃないのも、知ってる。不器用な自分には、ある意味、そっちの方が賢い生き方だろうって事も。

でも。

金曜に通知が来て、昨日、お客様の前で高座に上がって、打ち上げで酔っ払って、部屋で泥のように眠り、朝、酔い醒ましに湯船に浸かって、手足を伸ばしたら、うん、闘う気力は、まだ残ってる。来年に向けてネタ選びから稽古のやり方から、全て練り直します。

とりあえず今日も高座に上がれる。去年の落選の時、発表会を除けば、全く高座のアテがなかった頃とは、少しずつ、でも確かに変わってる。環境も、自分も。だから大丈夫。

上の中島みゆきさんの歌は、出場される皆様に敬意と応援の意味を込めて捧げます。ファイト!