落語鑑賞覚書

江戸版上方噺
於 お江戸両国亭

歌奴 秘伝書
文雀 仔猫

仲入り

文雀 太閤と曾呂利
歌奴 胴乱の幸助

(敬称略)

俺の泥酔話なんでどうでもいいものを書いてたら、すっかり本編を書くのを忘れてました。
鹿鳴家群馬さんが主催する「落語天」の落語会にお邪魔して参りましたよ。

まずは歌奴師匠で「秘伝書」。落語ではよくある八つぁんとご隠居の会話から始まるのですが…昔あった「伊藤家の食卓」が好きな人には堪らないですね。寄席で是非聴いてみたいです。

次が文雀師匠で「仔猫」。この噺は上方の社会人落語の方からしか(と、言うより実質一人からしか)聴いた事がないのですが、江戸版だとしっとり抑えめ怪談味多めかな。でも、しっかり聴かせる演出は流石の文雀師匠でした。

仲入り後、文雀師匠で「太閤と曾呂利」。珍しく?袴姿の文雀師匠、雰囲気はあくまで軽いのですが、歴史物だし、和歌も沢山出てくるし、大変な噺をさらっと。お公家さんのヒステリックなおじゃる感が最高でした。

トリは歌奴師匠で「胴乱の幸助」。揉め事を仲裁するのが大好きなおじさんの噺。喧嘩していた二人が、おじさんが仲裁する前に仲直りしてしまい、イライラするところで大笑いしました。あと歌奴師匠、声が良いから義太夫節が映えるなあ。けっこう長講だったと思うのですが、あっと言う間だった気がします。

この日の高座か、はたまた別のところで聴いたのか曖昧ですが、「人間の顔には狐顔と狸顔しかいない」ってフレーズにぴったりの師匠方。また是非、二人会に遊びに行きたいと思います。

後片付けして裏から引き上げる際に、円楽党の前座さんが待機して待ってま…し………え!?ボルボ亭イケアさん!いやさ、三遊亭じゅうべいさん(スウェーデン出身の元、社会人落語家さんで、去年の千葉国際大会で大活躍。今は三遊亭好楽師匠に弟子入りされました)と、ほぼ一年ぶりに再会しました。これはちょっと、よいゲン担ぎになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。