Perfect kisama全歌詞掲載

二人会のアンケートで「色物のラップが何を言っているのか全く分からない」という、至極ごもっともなご意見を多数頂戴いたしました。実は、あれは自作の替え歌になってまして、直前にカラオケボックスで私自身が歌を吹き込んだのですが、流してみると伴奏に比べて音声が小さく、また、わたくし非常に滑舌が悪いもので・・・ほんと、すみません。
あれは一種の出オチであり、終わってしまえば、出し惜しみするような内容ではございませんから、お詫びも兼ねて全歌詞を掲載いたします。

ああ、こんな事をしたかったのかと、補完していただければ幸いです。

*————————————*

彼は言った高座は必ずしもみんな平等とは限らない

彼は言った高座には絶対勝者と敗者が存在する

彼は言ったその高座の頂点が

自分自身そう Top of the RAKUGO

彼が着物着て一声かければすぐさまなくなる客席の「ふぁ~(あくび)」

時は来た彼こそ真の求道者

でも普段彼が勤めるのは会社

「たっぷり!」の声 かかるプレッシャ

三味線太鼓 鳴らせ奏者

民共掛け声 準備はいいか?

涙が出るほど笑い欲しいか?

さあみんな手を天にかかげ

そして今こそ
「待ってました!」
恐れるな おののくな

吠えろ(hey) 声あげろ(ho)

その血と魂を今ささげろ
「I’m a perfect Performer.」
ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
We live in Edo(江戸).

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
but,We believe in New Work(新作).

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」

千両ミッカーン あたまヤッカーン

両国亭のお客さんはポッカーン

そんなに褒めるのやめてくれよ

イライラすんなよおいハチゴロウ

前座から そう座布団くつがえす

彼こそすなわち Top of the RAKUGO

M to the A to the N to the N.

E to the N to the D to the O.
(「MANNENDO(万年堂)」)

ありがたきこの名を呼んでみよう

MA N NEN DO

Say天才!(天才!)

まさに天災!(天災!)

Say天才!(天才!)

まさに天災!(天災!)

Say天才!(天才!)

もっともっと叫べー!

恐れるな おののくな

吠えろ(hey) 声あげろ(ho)

その血と魂を今ささげろ
「I’m a perfect Performer.」

ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
We live in Edo(江戸).

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
but,We believe in New Work(新作).

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」
ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama

ki,sa,ma kisama
「I’m a perfect Performer.」

*————————————*

落語も寄席文字もそうですが、自分の求める理想像に、現実の自分の表現技術が全く追い付いてない事をヒシヒシと感じてます。自分のやりたい事を実現したかったら、近道なんて考えず、基礎技術からしっかり鍛え直す必要があるのだと、とても普通で、ちょっぴり寂しくて、やっぱり当たり前の結論でした。でも、背伸びした経験は無駄にはしません。

するもんですか。

きさ馬さんが直後の高座でおっしゃったとおり。お客様に実験台になっていただいてすみませんでした。でもね、やりきった事自体はすげえ楽しかったです(笑)こんな馬鹿な企画に乗って下さったノリの良い相棒・大福さん、心の広いゲスト・きさ馬さんと、何より分からないままでも手拍子で盛り上げて下さった沢山のお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつかまた、何かしらの形で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。