自撮り

昨日、活ハウスにお邪魔して、久しぶりに人前で「棒鱈」をやってみました。

今回、初めてチャレンジした事が二つ。

一つ目。現状のレベルを確認したかったので、自分からビデオ撮影をお願いしました。

二つ目。そのビデオを、撮りっぱなしにせずに(笑)、昨日のうちに鑑賞しました。

結果、気になるところは沢山あるけど、目を覆う程は酷くない。それどころか、第一回仔鹿寄席の頃より硬さが消えて面白くなってる。

もしかしたら、たぶん、落語を習い始めてから、初めて「客観視した自分の高座」が悪くないと思えました。でも、この噺のポテンシャルはもっともっと高い。精進せねば。

三連休振り返りと、今後の予定

なんと、この三連休は落語会にも寄席にも行かず、僕自身、自宅での稽古を除いて一席もやってないのです…って書くと悪い意味にとられそうですが、僕としては逆に達成感を感じてたり。

落語は大好きですが、私生活の全てが落語頼りってのもつまらない。僕は一つ好きになると、そればっかりに頼りがちだから、いろんな趣味でもって満遍なく付き合うくらいで丁度いいのだ。

なんて言いつつも、10月から11月にかけて、けっこう出演機会があるので、全力疾走しながら前のめりに七転八倒します。体力つけなきゃ!

10/2(日) 第2回劇団大福来
13時開場、13時半開演
お江戸両国亭
東京都墨田区両国4丁目30-4

10/29(土)第3回仔鹿寄席
13時15分開場、13時半開演
浅草公会堂 四階和室
東京都台東区浅草1丁目38-6

10/30(日)日英バイリンガル落語会
11時15分開場、11時半開演
お江戸両国亭
東京都墨田区両国4丁目30-4

11/13(日)第27回きっすい寄席
13時半開場、14時開演
居酒屋 西荻きっすい
東京都杉並区西荻南3丁目17-3

11/23(水祝)キャナリー落語会
11時15分開場、11時半開演、木戸銭500円
お江戸両国亭
東京都墨田区両国4丁目30-4

…こうして並べると、冒頭の台詞が実に嘘っぽくなりますね(笑)平日は真面目に仕事してますよ!

個々の会の詳しい内容は、直接私までご連絡下さいませ。ちなみに、11/23の発表会を除き、すべて無料の会です。基本は事前予約もいりませんので、当日、お気軽にお越しくだされば幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

籠城

昨日の色物稽古の疲労が回復してない為、

演劇を観た後は寄り道せずにまっすぐ金町に。まだ日も高いのに弁当屋で夕食を買い込み、TUTAYAで何本かDVDを借りて籠城しておりました。

たまに引きこもると最高です。毎日引きこもると社会復帰できなくなりそうなのでやりませんが。

で、何本か借りたDVDのうちの1つがこれ!

萌えアニメ(笑)癒されるなあ…。女子高生四人が「学園生活部」を結成し、その名の通り学校内で暮らす話なのです。四人みんな可愛らしいのですが、特に主人公の由紀ちゃんがふわふわっとロリロリっとした感じで萌え!萌え!嫁!頭使わない感じでステキ!よく知らんけど!

 

なんて、

 

本当は、突如現れたゾンビにより町は壊滅。生き残った女子高生四人が学校内に籠城。由紀ちゃんはそれに纏わる事件がきっかけで現実を正しく認識する事が出来なくなった上に幼児退行化。既に亡くなったかつての友達と、空想の中でお話ししちゃったりする。部員の中でも特に元気っ子の胡桃ちゃんは、ゾンビ化した恋人をスコップで撲殺した記憶が頻繁にフラッシュバックされ、明らかにPTSDっぽい。おっとり系の可愛らしい顧問の先生も実は既にxxxにxxxxしてしまって…。

と言う、まあ酷い話。でも、何年か前のまどかマギカもそうでしたが、所謂、先入観とか定番とかお約束とかを逆手にとった作り込みって、凄く好きなんですよね。自分には出来るとは思いませんが、でも、いつかそんな落語を作ってみたいですね。

演劇鑑賞

キャナリーの先輩、鹿鳴家にわかさんが舞台劇をされるという事で伺ってきました。

いや!面白かったです!ストーリーもさる事ながら、皆さん上手だなあ…。あと、当たり前ですが、集団劇って、舞台が同時間に何層にも重なって進行していくから、普段、落語を見てるのも全く違う部分の脳味噌が活性化されて新鮮でした。

 

あと、にわかさんの女子高生セーラー服姿は最高でした!眼福、眼福。

img_1227

葛西囃子

自宅のアパートで本を読みながらごろっちゃしてたら、どっかから祭囃子が聞こえてくる。だんだん近づいてきたので、窓から外を見ると、今まさにアパートの前を山車が通ろうとしているところ。慌てて飛び起き、スマホ片手にダッシュで飛び出す。

img_1220

img_1221

img_1222

img_1223

img_1224

img_1226

 

ちょっとしか見れなかったのですが、葛西神社の例大祭でした。くはー!粋だねえ!なんて、葛飾の田舎モンが何を言っているのかと笑われそうですが、ここの祭囃子は葛西囃子と言って、江戸中の祭囃子の源流と言われている由緒ある囃子なので、あながち間違いではないのよん。音楽的には詳しく分からないんですが、先日の山王祭のような派手さはなく、むしろ古いだけあって落語に出てくる「トーヒューヒャイトロヒャイトーロ、ヒャイトロヒャイトロオヒャリヤリ」という語感に一番近いですね。

ほくほく顔して部屋に戻ろうとしてたら、呆れ顔の大家さんと出くわす。大家さんはうるさいのが苦手らしいのですが、「祭り好きなの?」と訊かれて大好きです!と即答したら、次回、参加者募集の連絡が来たら教えてくださるそうです。

ここんとこ、あちこち顔出し過ぎてどっかで破綻するのでは、という危惧もありますが、一度きりの人生ですもの、収集がつかなくなるくらい、思いっきり交友を広げてみてもいいかな、と、最近は開き直ってます。

で、それらの経験を高座に活かせりゃ、上手い、下手では測れない(いや下手だけど…)僕なりの落語が見えてくる、はず、多分ね。

こんぴら

連休初日。本棚の整理したので、余った本をリュックサックに入れて近所のブックオフに売りに行ったら、先月で潰れてた。仕方ないので、隣町のブックオフに行ったら17点で買取価格が300円。

いや、まあ、儲けようとは思ってはいないし、本棚にスペースが出来ただけ万々歳なのだが、重たい本を背負った労力を考えると、やっぱりなんか割に合わない気がして、だったらいっそ、タダで引き取って貰ったと考えよう、と思い直し、300円で古本を一冊購入する。

img_1181

かくして本棚の空きスペースは少し減り、本を読む楽しみが少し増えた。

世は全て事もなし。これで終いの金毘羅さん。

腰めり

ここ数日、一気に肌寒くなったせいか、はたまた日ごろの不摂生が祟ったか。

今朝から、腰から尻にかけてずーっと鈍痛げす。

 

ここで一句。

秋来して 蒸せる残暑は 忘れども 腰の虫鳴き 冷や汗をかく

 

お粗末様でございました。イタタタタ・・・。

やきもち一問一答

偵察に行ってまいりましたよー。

想像以上に職場から近すぎて引く。
オープンして間もないから知名度がないのか、開店直後に特攻したからか、30分くらいお客さんは私しかいなかったので、女将さんといろいろお話ししてきました。

以下、思いつく限りで尋ねてみました一問一答。

アマチュアでも落語会ができますか?

→可能です。

予約は何ヶ月前から受け付けますか?

→特に設定はありません。

前金は必要?

→前金なし。ただし、当日0時以降はキャンセル料が発生します。

電話予約は可能ですか?

→可能です。

借りられる時間帯は何時から何時までですか?

→前入り、落語会、打ち上げ含めて、営業時間帯フルに使えます。※営業時間帯は曜日によってちがうので、詳しくは後述のホームページを確認してください。

打ち上げ開始時間は調整できますか?

→調整可能です。食べながら落語会でも良いし、落語会と打ち上げを分けてもいいです。

出囃子CDはある?

→一般的なCDは置いてますが、気になるようなら持込された方が安心です。

めくり台はある?

→いまはありませんが、今後置く予定です。

太鼓や三味線の叩けるスペースはある?

→楽屋が使えますが、太鼓は厳しいかも。

チラシにホームページの地図画像を使っていい?

→可能です。

チラシは置いていい?

→チラシはキリがないのと、スペースが狭いので不可にしてます。

チラシに電話番号は載せていい?

→場所の問い合わせとしては載せて良いですが、会の問い合わせ先(予約等)は、主催者の方にお願いしてます。

img_1178

こちらが女将さん。前職は笑点のディレクターをされてたそうです。なるほどっ!

img_1171

高座近景。花が沢山あり過ぎて、お葬式の祭壇みたいです(笑)

img_1176

高座の真ん中には、笑点の座布団がっ!

img_1172

高座から客席。テーブルは壁際に折り畳めるので、落語会の時はホールっぽくもできます。

img_1174

お手伝いの、もなこちゃん(本名)子供の頃から落語を聴いてて、好きな噺家さんは喬太郎師匠だそうです。

img_1175

秋刀魚の生姜煮。うめえ!ちなみにメニューはまだありません。

img_1179

高座の左側に楽屋があります。いっぺんに入れるのは、頑張って2人くらいかな(痩せろ)

img_1180

楽屋から高座が見れる覗き窓があります。本格的!

今日は人が少ないのを良い事に、のんびり過ごしてしまいました。出来て一週間でオープンしたそうなので、まだまだ試行錯誤中のようです。秋葉原の新名所になると良いですね!

お店のホームページはこちら。

http://yakimochi.info/

以上レポおわりっ!

今度はぜひ会場を予約しにお伺いしまーす。

落語・小料理・やきもち

http://yakimochi.info/

まだ詳しい事はわかっていないんですが、一昨日、ウチの会社の裏(徒歩1分)に出来たんです。

どうやら貸席もやっているようなのですが

落語会のみは賃料30000円

火~金の夜は20名以上の3000円宴会コース(飲み物別)で賃料タダ。定員に満たない場合は差額(一人あたり5000円)が賃料。

日曜の夜は15名以上の3000円宴会コース(飲み物別)で賃料タダ。定員に満たない場合は差額(一人あたり3000円)が賃料。

アマチュアはどうかな?と思いましたが、特に規定は書いてないので、ちょっと、会社帰りに寄って詳しい話を聞いてみます。

 

続報を待て!

おひとりさま

鹿鳴家福来、38歳独身歴=年齢!
39歳の誕生日まで残り二週間を切った今日、
思い切ってこの度・・・ドーテー捨てますっ!

ぢゃん!!!

image

 

ヒトカラデビュー!!!
さー、歌うぞおおおおお!!!

(赤坂泰彦の声で)さあ参りましょう!まず一曲目は米米クラブの大ヒットナンバーから”shake hip!”ヒアウィーゴッ!

 

(稽古しろよ)

 

追記:ヒトカラを終えて

あれやね。素面で一人、自分の歌を聴くと、自己採点が偉い辛くなるね…。