廻る中華料理屋

img_1239

img_1235

img_1236

 

昨日、第43回全日本社会人落語選手権大会(長っ)に遊びに伺い、大変勉強させていただいた(遊月さん、優勝おめでとうございます!)のですが、

去年、初めて伺った際、開演前に客席に座ろうとしたところ、デニムの股が破れてしまい、慌てて銀座ジーユーに駆け込んだので、前半観れなかったのを思い出し、しかも、その破れたデニムを直さないまま一年間放置していた事に気付く(笑)

とはいえ、お気に入りのデニムだし、近所の洋服直し屋さんでは無く、それなりにしっかりとしたところで直そうと探してたら、柏にデニム直しの専門店があったので、そこに伺ったところ、千円で直してもらえるそう。思ったより安く済んだので、その近くのアメカジ屋に行って、秋物を少し買う。

 

用が済んだので駅前に戻ると、柏そごうが今月30日で閉店するらしく、閉店セールをやっていた。開業して43年、それこそ僕が物心ついた頃には既に街のランドマークとされていたデパートだった。が、あまり若者向けのブランドは取り扱ってなく(どちらかと言うと、丸井や高島屋の方が若者向け。まあ、僕は貧乏なので古着屋さんの方が多い)、何年も入った事がなかった。

ランドマークのさらにシンボルとなる、建物の最上階は中華料理屋さんで、フロアが自動的に回転して展望台のようになっているのがウリだった。凄く昔、何かの記念日に家族と出かけて、子供心に高価な食べ物だった覚えがある。まあ、今日来たのも何かの縁かと思い、お昼はそこで食べました。

なんだかアンニュイな文章になってしまったのは、そう、二日酔いが酷いせい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。