籠城

昨日の色物稽古の疲労が回復してない為、

演劇を観た後は寄り道せずにまっすぐ金町に。まだ日も高いのに弁当屋で夕食を買い込み、TUTAYAで何本かDVDを借りて籠城しておりました。

たまに引きこもると最高です。毎日引きこもると社会復帰できなくなりそうなのでやりませんが。

で、何本か借りたDVDのうちの1つがこれ!

萌えアニメ(笑)癒されるなあ…。女子高生四人が「学園生活部」を結成し、その名の通り学校内で暮らす話なのです。四人みんな可愛らしいのですが、特に主人公の由紀ちゃんがふわふわっとロリロリっとした感じで萌え!萌え!嫁!頭使わない感じでステキ!よく知らんけど!

 

なんて、

 

本当は、突如現れたゾンビにより町は壊滅。生き残った女子高生四人が学校内に籠城。由紀ちゃんはそれに纏わる事件がきっかけで現実を正しく認識する事が出来なくなった上に幼児退行化。既に亡くなったかつての友達と、空想の中でお話ししちゃったりする。部員の中でも特に元気っ子の胡桃ちゃんは、ゾンビ化した恋人をスコップで撲殺した記憶が頻繁にフラッシュバックされ、明らかにPTSDっぽい。おっとり系の可愛らしい顧問の先生も実は既にxxxにxxxxしてしまって…。

と言う、まあ酷い話。でも、何年か前のまどかマギカもそうでしたが、所謂、先入観とか定番とかお約束とかを逆手にとった作り込みって、凄く好きなんですよね。自分には出来るとは思いませんが、でも、いつかそんな落語を作ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。