お詫びのお知らせ

昨日、9/4(日)に掲載する予定でした

『ドキドキッ!鹿鳴家福来の「落語協会 謝楽祭2016」潜入レポ!ポロリもあるよ!』

ですが、諸事情

湯島天神に向かう途中、横断歩道の真ん中でガリガリの老人が立ち往生してたので、仕方なしに手を引いて老人の家まで送ってあげたら、そこには和服に亀の甲羅を背負った金髪美女がジュリ扇を持って手招きしており、誘われるがままに地下への階段を下りて行ったらそこには無数の蝋燭が。「おねえさん・・・」と熱い視線を送ると振り返った美女がさっきの老人に姿を変え「ふぁっふぁっふぁ、だまされたなこの助平め。ワシは死神じゃ」と死神、懐から今にも消えそうな3本の蝋燭を出し「この3本の蝋燭のうち、1本だけお前の寿命が混じっておる。消えると死ぬぞ」とジュリ扇を振りながら迫ってきたのでジュリ扇の羽が鼻に入り、ふぇっくしょー!!!と一気に3本全て吹き消す。「ほぅ・・・正解じゃ!それこそ禅の教え「恥を捨ててなお悩む胃もたれ」じゃ!お詫びにこの金銀パールから好きなものをプレゼント!」と言ってきたのでやったー!とパール2つを掴んだ途端に目が覚めた。どうも寝坊したらしく、じっとりとした冷や汗が気持ち悪い上、なぜか身体の一部が痛いと思ったらパールだと思って握っていたのは『パアルのような(今時、小学生でも喜ばない下ネタであり、そもそも全てがパクリなので自粛)』だったといいます。お馴染み「夢パール」という一席。おなーーかーーいーーーりーーーーー

につき断念いたしました。最後まで読んだ人ゴメンナサイネ。要するに寝坊しました。

・・・書くネタが無いからって無計画に妄想を書くと、大火傷しますね。行きたかったナァ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。