馬鹿のフリ

活ハウスにお邪魔しました。

本日は、美人女将こと活砲偽さんとサシです。

image
福来「からぬけ」
福来「千早ふる」
活砲偽「ぞろぞろ」
福来「時そば」

活砲偽さんのされた演目「ぞろぞろ」は、なんと小学校の教科書に掲載されたそうで、いま学校の方からオファーがたくさん来てるらしいです。そのエピソードも、なんだか「ぞろぞろ」っぽいですね。おじいさん、おばあさんの手の震えが絶妙かつ最高で、本来くすぐりじゃないところまでひたすらクスクス笑ってしまいました。

「千早ふる」は今度、仔鹿寄席でやるにあたってのおさらい。ご隠居さんと八つぁんが同い年っぽい気がする。もう少しゆっくりしゃべった方が年上に見えるかも。

「時そば」は今冬かけていきたいと思ってて、思い出しながらやってみました、が、台本さらってないと本当にみっともない出来。でもま、思ったより蕎麦をすする音が大きくできたのが救いか、な?

「からぬけ」は今、稽古中の噺。与太郎噺をやるのは初めてなのですが、与太さんが可愛らしいと好評でした。先日の前座噺の会の「平林」といい、僕は可愛らしい噺の方が評価されやすいみたい。それならば徹底的に長所を掘り下げて、自分の武器を増やしてみよう。

と、こんな風に、活ハウスは稽古場としても素敵スペースなのです。特に、家で稽古するのにいちいち着物を着るのが億劫なダメ人間には!(笑)

終わったら活砲偽さんお手製の料理に舌鼓。今日はハンバーグと煮魚でした。うっかりプロポーズしそうなくらいに美味しかったです。

終電の時間も逆算して、余裕をもって引き上げながら、そういや、ウチの家訓に「馬鹿のフリをしていると馬鹿になる」って言葉があるけど、敢えて馬鹿を演じるのって楽しいよなあ、大人になった今なら別に馬鹿になる心配はないし…と思っていたら、駅前で活砲偽さんにお勘定を支払っていない事に気づき、Uターンダッシュ。

やべえ!家訓は本当だっ!!!

 

 

(フリをしなくても、既に馬鹿になってしまっている可能性は考えない)

みんなー!吉原は好きかーい!

僕は大好き!(炎上発言)

落語や映画の吉原描写が好き過ぎて、僕にとってはディズニーランドよりユニバーサルスタジオジャパンより伊香保温泉よりサンリオピューロランドより千葉ドイツ村より行きたいテーマパークですよ!なんか変なものが混じってますが!「二階ぞめき」とか聴いてると夢が膨らみますよねえ(*´Д`)

まあ、実際には行けないから好きってのもありますが。歌舞伎町好きかーい!とかススキノ好きかーい!とか言われると、正直そうでもない(^^;;

なんで、そんな馬鹿な事を言ってるかと言うと、ちょっと面白そうなお店をインターネットで見つけたので、勝手に紹介したくなりまして。

新吉原
http://shin-yoshiwara.com

オーナーは吉原生まれのお姐さんで、単なる歓楽街ではない吉原の魅力を広めようとブランドを作ったそう。女性の視点ならではの、可愛らしさと婀娜っぽい皮肉さが個人的には堪らない。まだ絵札とか手拭いとか小物がメインのようですが、東京オリンピックを見据えて、上手に育っていけばいいなあ。

 

「吉原は紅葉踏み分け行くところ」なんて川柳もあります。秋になったら、平袖にほっかむりして冷やかしに行ってみようか。