ゾク・くゎいだん。

昨日、活ハウスで開催された「千壱夜一門会」でのこと。
千壱夜家元(もしくは顧問はたまた総帥)である舞歌さんが落語2席をされたのち、何と紙芝居を実演されておりました。それが怖いの怖くないのって!

舞歌さんがその物語を選んだ動機としては、幼少時代にとても怖かったので印象に残っていた、との事でした。
何の紙芝居だったかは、ここでは伏せておく事として、さて、それをトリガーにした自分の話が本編。

じゃあ、僕が子供の頃に怖かった話はなんだろう?と思い巡らしたとき、まっさきに思い浮かんだのが、「耳なし芳一」の話でした。

うろ覚えの粗筋を書くと、

とあるお寺に住む盲目の僧侶、芳一は、「平家物語」の琵琶弾き語りがとても評判。ある日、その評判を聞きつけた「さる高貴なお方の使い」と名乗る武士に連れられて、どこか分からない場所で芳一は琵琶を披露する。武士はたいそう喜んで、明晩も、またその明晩も武士に連れられて芳一はどこかに出かけていく。不審に思った寺男が後を追いかけてみると、そこには墓場で一人、琵琶を演奏する芳一の姿が。芳一の周りは平家の死霊で囲まれており、慌てて戻った寺男は、お寺の僧正にその様子を伝える。僧正は芳一の身体中にお経を書く事で、死霊から逃れようとするが・・・

と、いう展開なのです。確か。

勿論、物語そのものもオッカナイのですが、幼少の僕にとっては、墓場より死霊より、全身にお経を書きこまれた芳一の姿が、視覚的にキツかった。
それは今で言うと、トライポフォビア(蓮の花の細かい粒々などをじっと視てると鳥肌が立つアレ)の走りだったのだと思います。実際は芳一を守ってくれるありがたいはずのお経なのに、お坊さん特有のつるっとしたシルエットとびっしり書き込まれたお経の文様が相俟って、何故か逆に死霊の執念を具現化したような物凄い恐怖でした。

で、さっき調べてみたら、この話、なんと落語版もあるようですね・・・。
番町皿屋敷の落語版「お菊の皿」は、ほぼ滑稽噺ですが、演じ手が正蔵(彦六)師匠だしなあ。まだ聴いてませんが、ガチな予感がビンビンします。
「もう半分」リベンジとして、そのうち!(とはいえ何年後かは全くアテにならない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。