落語鑑賞覚書

龍玉部屋

於 お江戸両国亭

龍玉「ぞろぞろ」

ろべえ「やかんなめ」

仲入り

ろべえ「もぐら泥」

龍玉「怪談乳房榎〜おせき口説き」

(敬称略)

 

割と久しぶり?の落語鑑賞覚書。

今回はキャナリーの先輩、群馬さんが主催されている龍玉師匠の会にお邪魔しました。

開口は龍玉師匠の謝罪から(笑)ネタ出しされていた「もぐら泥」が覚えきれなかったそうです…もともと、「もぐら泥」はろべえさんから習ったという事で、急遽、ろべえさんの課題になり(笑)、「ぞろぞろ」を。

二席目は、ろべえさんの真打昇進報告からの「やかんなめ」。この噺、昔からの落語好きの方から、故・喜多八師匠の代表作の一つとお噂は耳にしていたのですが、拝見するのは初めて。成る程、これは確かに面白い上、喜多八師匠譲りのろべえさんの雰囲気に合う!

仲入り後の三席目、ろべえさんで「もぐら泥」上記の経緯があった事もあり(笑)会場全体が大爆笑でした。泥棒が女将さんの言葉に活路を見いだ…せないところが大好き。

トリは龍玉師匠で「おせき口説き」乳房榎は拝見するのが初めてでしたので、前半は登場人物の把握に苦労しましたが、浪江がおせきを宥めて透かしてゴネで脅してと、しつこくしつこく口説くシーンが、なんと言いますか、とても、ここ最近のニュースと重なってタイムリーでした。

終演後、打ち上げに混ぜていただきました。龍玉師匠と呑みの席でご一緒させていただくのは初めてでしたが、九割方、エロ話で大盛り上がり、と言っても生々しい噺ではなく、なんだろう、妄想?(笑)

あー、たのちかった!

 

追記

落語会の常、チラシを何枚かいただいたのですが、その中の一つ、文雀師匠と歌奴師匠の「江戸版上方噺」10/15(土)12:30開場13:00開演@お江戸両国亭、が個人的に楽しそうです。特に文雀師匠の江戸落語版「仔猫」、超興味ありますー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。