猫好きの国

「猫好きには、ただの猫好きなどいない。全ての猫好きは、猫キチガイなのである」

三代続く猫好き伝わる座右の銘

よくわからない名言で始まる、今日の日記。

でも、本当にそう思います。

 

千代田線の列車の中、落語教室の先輩がイタリアに遊びに行くってんで、いろいろ話を聴いてた時に出た話題なのですが、イタリアは、街全体にとても猫が多いそうです。で、猫キチガイな私としては気になったので調べてみたら、

余談ですが、キチガイという単語を人に使うのも自分に使うのも好きではないです(だから、僕の「平林」のサゲは、キャナリーで習ったものと違います)。にも関わらず、祖母から母へ、母から僕へと伝わった口伝のお蔭か、猫好きはどこか頭がおかしいという事実を嬉々として受け入れております。

閑話休題。

日本と比べて動物愛護の考え方は進んでおり、猫の「権利」を認めているそう。詳しくはこちら(↓)に記載しておりますが、猫の「権利」とは、具体的には生きる場所を選べるという権利。家猫として暮らすのも「自由猫(イタリアでは野良猫という発想がないそうです)」として暮らすのも、猫自身の自由意思を尊重するという考え方です。

http://animamia.jp/italy-cat-gatto-libero/

つまり、殺処分を認めない代わりに、個体数のコントロール(去勢や避妊手術)を行政が行っているのだそう。上記サイトには載ってないですが、動物の糞尿についても、清掃車が通った時に回収されるようで、猫にとっても猫好きにとっても天国のような場所である事は疑いようもありません。

 

あゝ素晴らしき哉、猫キチ、、、こほん、猫好きの国!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。