ケッコウケダラケ

第三回仔鹿寄席の出囃子の課題曲に

「男はつらいよ」

が、あったので、iPhoneに落として聴いているのですが、そのアルバムの中に、寅さんの啖呵売の口上がそのまま入っておりまして。さすがにテーマ曲は耳馴染みがありますが、口上をまともに聴くのは初めて

 

最近のブログを見直すと、俺、本当に初めてな事柄ばかりっすね。我ながら、どういう人生を送って来たらこんなに無知なままでいられるのだろう?本当に恥ずべき事だと思ってますが、知らないのに見栄を張らなきゃいけない歳でもないのヨ。

閑話休題。

 

なのです。なんとなくのイメージとしては、路上販売なのですから、落語「蝦蟇の油」の前半のソレみたいに、もっと声を張り上げて硬い感じで叫ぶようにやってるのかと思いきや、立て板に水には違いないけど、何この軽妙な調子は。

 

あれ?でもカッコいいぞ???んん???

 

そろそろ、三十路も終盤に来て、寅さんの良さが分かる感性になりつつあるのかな。でもなー、全49作でしょ。これは開けちゃいけないパンドラの匣だと思うんだけどなー。こち亀読破、とか、火の鳥読破、とか、グイン・サー(略)、という不吉な単語が脳裏をよぎりつつ、とりあえず1作だけなら、とググったら、15作目の「寅次郎相合い傘」がお勧めらしい。

縁あって金町に住み続けて、はや16年過ぎちゃって。歩いて帝釈天に行ける身としては、寅さんが楽しかったら割と幸せじゃなかろうか?と、こういう機会ですから、食わず嫌いは止めて、ちょっとだけ手を出してみようかナ。

 

って事で、昔からの寅さんファンのおアニィさん、おアネェさんの方々におかれましては、ご指導ご鞭撻の程よろしくお頼み申します。なんて(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。