仔鹿寄席について

さて、

残り一週間に迫ってきました仔鹿寄席。

あーだこーだと宣伝してますが、今日は「そもそも仔鹿寄席って何なのよ?」と言う話。

一回目にいらっしゃったお客様には前口上をさせていただいたので、既知の情報も混ざってますが、そこはおさらいって事で。

仔鹿寄席は、ワタシの通ってるキャナリー落語教室の中で有志を募って作った分科会、鹿の錬成道場こと「鹿錬(しかれん)」が最初に企画したイベントの名前です。

最初の、つーても、実態はまだ仔鹿寄席以外の企画がないので、ほぼ鹿錬イコール仔鹿寄席って認識の方が多いと思いますが、正確には「鹿錬」が団体名、仔鹿寄席がイベント名なのです。

鹿錬のメンバーはワタシ含めて現在14名。仔鹿寄席は2月、7月、10月の年3回で、色物さんを抜かして5名のメンバーが「交代で」出演する、という形でやってます。

出演者を固定化しないのは(ここ、割と聞かれるのです)、希望者には遍く出演機会を与えて欲しいという、ウチの校長先生から頂いた分科会設立の条件にワタシが合意した、というのが理由になります。

ある程度ネタも増えてきたから、発表会以外でも、もっと高座の機会が欲しい、やってみたいアイデアもある。でも、他の落語会に加入する程、人脈も実績もないし、とは言え、自身でイベントを企画、運営するノウハウもない。そんな人達(余談ですが、鹿錬を作ったときのワタシがまさにそれでした)に向けた機会の創出であり、文字通り錬成の場です。だから、メンバーを増やし続け、出演者を固定化しない事と会の目的は一致している訳です。

まあ、お客様のファン心理を考えると、某ショウテンの様に、より熟練者、上級者のみで固定化した方が良いだろう、それも分かります。分かりますが、設立25周年、会員数100名を越えるキャナリー落語教室から集めた有志ですよ?集めたワタシが言うのもなんですが、誰が出たって面白くない訳がないっ!

って事で、次の仔鹿寄席はこちら。

第二回 仔鹿寄席
日付:2016年7月31日(日)
開場:13:15 開演:13:30
場所:浅草公会堂 4階和室
住所:台東区浅草1丁目38番6号
木戸銭:無料
出演
鹿鳴家 福来「ざるや」
鹿鳴家 加笑「代書」
鹿鳴家 そこそこ「粗忽長屋」

お仲入り

鹿鳴家 とい寿「湯屋番」
鹿鳴家 かほり「端唄」
鹿鳴家 だっぺ「宿屋の富」

皆様のご来場、暑くお待ちしております。

 

(追記)

我に返って読み直すと、主義主張って本当に野暮ったくてみっともないですね。まあ、この野暮ったさも「今の」自分なので、これはこれで消さずにとっておいて、10年後ぐらいにまた読み直して悶絶したいと思います。

盆踊りについて

「東京音頭」と「炭坑節」くらいなら子供の頃に踊った事あるし、ヨユーでいけっぺ?(茨城弁)と思って飛び込んでみたワタシ、

無事、死亡が確認された。

 

何事も稽古だな。と、とても無味乾燥な感想を胸に浴衣を洗濯。

よし!また行こう!(負けず嫌い)

 

 

落語鑑賞覚書

ばっきゃの会
於 らくごカフェ

さん若「あくび指南」
さん若「鰻の幇間」

仲入り

さん若「居残り」

(敬称略)

現実逃避に(笑)
うそうそ、午前中にあらかたの用事を片付けたので
久しぶりのばっきゃの会に。
いつもながらお客様はほぼ満員で、最前列しか空いてないので、そちらで拝見させていただきました。
もっとも、私が言うまでもなく、さん若さんの高座は、最前列が一番楽しいのです。
最近、ますます明るくなられた気がするナア。

「居残り」もしや?と思って拝見してたら
佐平次が「いのど〜ん」と呼ばれてから、お座敷に到着するまでに上機嫌で唄った鼻歌が「梅の栄」だったので、ああ。
サゲも喜多八師匠の型でした。

この噺、シュッとした色男の噺家さんがされると勿論、カッコいいのですが、さん若さんみたいな(大失礼)愛嬌全開の人がされた方が、フランキー堺感が前面に出てきて個人的にはとても好き。

いつか前後編で一年かけて、さん若さんに習ってみたいなあ。

オトノナルホウヘ→

 

君が笑えば 僕も笑うから
めぐりめぐりまた違う誰かのとこまで
遠く離れた場所にいる時も 僕らの声が届きますように
迷ったときはオトノナルホウヘ→

Goose House「オトノナルホウヘ→」

 

普段は健全さを嫌う傾向にあるアマノジャクですが、

ここまで来ると逆に好き。

さあ、共演者の方々そしてお客様、

来週末はご一緒に大きな音を鳴らしましょ。

 

夜にまた告知します。