落語鑑賞覚書

7月下席 昼の部

於 鈴本演芸場

小駒 道具屋
一蔵 夏泥
夢葉 奇術
菊丸 素人鰻
雲助 子褒め
にゃん子・金魚 漫才
菊之丞 酔っ払い
さん喬 天狗裁き
紫文 三味線漫談
小ゑん ほっとけない娘

仲入り

ホームラン 漫才
文楽 悋気の火の玉
扇遊 手紙無筆
仙三郎社中 太神楽
菊太楼 火焔太鼓

(敬称略)

菊太楼師匠、鈴本昼トリの初日。

雨の助けもあって?平日昼ですが7~8割の入りで、小学生のお客様もいらっしゃいました。

紫文師匠の三味線漫談が、物凄いツボにハマったお客様が多く、異様に(失礼)盛り上がってからの、小ゑん師匠の新作。仏像好きの女子が主人公の話なのですが、ヲタク全開の作り込みがとても好印象。夜トリの喬太郎師匠もマニアックな方ですが、小ゑん師匠に比べたらまだまだキャッチーなのです。

菊太楼師匠は「火炎太鼓」。マクラは棒手振りの小噺。何度お聞きしても大好き。甚兵衛さんがお金をもらった帰り道の様子が、今まで拝見した中で一番トゥーマッチにはじけてて楽しかったです。サゲも自然体にすっと終わってもう、ザ・江戸古典落語の粋を堪能させていただきました。


古今亭ちよりんの会 初会
於 池袋演芸場

かな文 一目上がり
市江 だくだく
ちよりん お菊の皿
菊千代 権助提灯

仲入り
正楽 紙切り
ちよりん 井戸の茶碗

(敬称略)

仕事帰りにはちょっと早い時間帯での開催でしたので、私は夏休みをとったのですが

でも、お客様たくさん来るかな?と思いましたが全くの杞憂でした。ほぼ満員。

正楽師匠は久しぶりに拝見。最近は若手の紙切りの方々を拝見する事が多かったのですが、もう、何と言いますか、完全に別格。リクエストしたお客様も作品を受け取ると同時に流れるような動作でご祝儀袋を渡したりして、超イキ。

この日のちよりんさんのトリネタは「井戸の茶碗」。落語初心者ゆえ、失礼ながら、ちよりんさんの長講噺をお聴きするのは初めてでしたが、くず屋さんとお侍さん二方の雰囲気が、とても、ちよりんさんの人柄に合っていらっしゃる気がしました。いずれ真打になられたときに代表作になったら素敵だなあ。

終わったら同ビルの9階で打ち上げ。勿論、私と同じくキャナリーの生徒さんも沢山いらっしゃったのですが、寄席文字教室の先輩だったり、小池屋さんの若旦那だったり、仔鹿寄席に遊びにいらしたお客様だったり、端唄のお師匠さんだったり、ちょっとびっくりするくらい顔見知りにお声をかけていただきました。

ちよりんさん、素敵な会をありがとうございました。

にしても、最近、遊びすぎやね、わたし(笑)