訃報

昨夜、また一人、訃報が届く。

そういえば、同じ(と、書くのは烏滸がましいけど、他に表現のしようがない)社会人落語をされる先輩が亡くなるって状況も、今までなかったな。

 

後世、もし社会人落語史が編纂されるような事があれば、

間違いなく名を残すであろう、偉大な先人であり、

同時に、

本当に落語が大好きな、関西のおっちゃんでした。

 

ご冥福をお祈りいたします。