お兄様、貴方は堕落しました。

戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。

坂口安吾「堕落論」

たまたま見てたイーテレの「100分de名著」が坂口安吾だったので、青空文庫でダウンロードしてあっと言う間に読破。

何となく、読まずにいたのてますが、名前からすると悪徳の勧め、みたいな穏やかではない内容のように勝手に思ってました。

それは、半分正解で、半分不正解。

成る程、価値観を人に預け、無心で生き、死んでいく姿は美しく見える。しかし、人間は、自分の意思で「旧来の価値観=自分以外の誰かの価値観」から堕落(脱却)していく事に本来の生(性)があるのだと、そういう風に思いました。

これを終戦直後に書くんだから、その気骨と挑発心と、その才能たるや!

NHK嫌いなんだよな…でも民放の方がつまらないとは、僕もおじさんになったものだ。また観よう(笑)