とぜんそ

小さい事をつらつらと。

  • 寄席文字教室、3期目の支払いを済ませてきました。継続です。半年たって、少し周りが見えてきた。数字を卒業して初めての課題が柳家「福治」。顔がにやけてしまう。
  • 久しぶりに教室明けに何人かと呑ませていただく。流れで奥の席に座ってしまい、諸先輩方に色々動いていただき申し訳ありませんでした>_<
  • 7月に成田山で課外授業があるのですが、現地がちょうどお祭り日な事もあり「浴衣着ていきます」宣言。そうまでして目立ちたいのか。はい。

 

  • テレビ録画をiPhoneで観れるツールを捜索中。家でばんばん落語番組を撮っているのだが、それを通勤中に見たいのだ。
  • 落語はライブ。現場で観るのが一番良いのは分かっているのですが、根がヲタクなのでライブラリ化したい欲求もあるのだ。言ってもそんなに演目知らないしなー。

 

  • 7月を迎えるにあたり、トップページをブログから仔鹿寄席の告知に変更。これまで別に告知より近況報告を優先したかった訳ではなく、単純にやり方が分からなかっただけなんです。
  • これで、色んなイベント記事から来た人が困惑しないぞっと(笑)

江戸弁について

「江戸・東京の言葉が出来なければ、舞台も言葉も人物設定も、全部君の故郷に作り直せ」

柳家小三治「落語家論」

 

私、三代以上続いた江戸っ子だったりするですが、

それが落語をやる上でのアドバンテージになると思った事は微塵もなく、

出自を言う事で、むしろ出来て当たり前だと思われる江戸弁(まったく出来ない)

を笑われるのが怖かったので、すっかり引け目を感じてました。

(時々、自虐的に言う事はありますが)

近頃では、出来ないなら、出来ないままでいいや、と思っていた昨今、

先日、デイケアでご一緒させていただいた

僕より十歳下の、綺麗な江戸弁を使う埼玉出身の青年に、

強く勧められたのが、小三治師匠の「落語家論」。

もともと、入門したての噺家さんに向けての本だったそうなのですけど

上記の引用文に、とても納得しました。

彼曰く、「江戸弁だと思わずに、落語の国の言葉だと思えばいいんですよ」

ですって。

損得勘定で人付き合いを決めた事はないですけど、

必要な時に必要な言葉を持っている人に出会えてるってことは

僕もまだ、ツキに見放されてる訳じゃァないのね。

 

とはいえ、聞いた音そのままを再現する技術は、持ち合わせていないので

僕の場合は、同時にルールを覚えてみたいと思う。

道のりは遠いけど、まずは、鼻濁音から勉強してみようか。