稽古録

ネタバレにならない範囲で。

なんどか社会人落語の仲間に

見ていただきましたが、プロの噺家さんの

前で、創作落語をやるのは初めて。

 

もともと、ご自身では創作をされない師匠なのですが、それでも親身にご指導いただきました。

主にまとめると

・言い立てはスムーズに

・キャラクターは振り切って極端に

・ギャグはベタなものを盛り沢山に

と、言う事です。

始めたての人はどうしても、自分の得意分野の披露するだけのマニアックなものになりがちなので、とにかくとにかく、ベタにベタに、分かりやすく、とのこと。

あと、タイトルを決めました。

「バリコテ」

処女作にして代表作、を目指して

頑張ります。