鹿鳴家福来について

このブログに御来訪の皆様、

お初にお目にかかります。

わたくし、鹿鳴家福来と申します。

鹿が鳴る家と書いて「カナリヤ」

福が来ると書いて「フクレ」と読むのですが、

ちょっと読みづらいこの名前、

わたくし、出身が茨城県でございまして、

茨城県の筑波山の麓で採れる

福来みかんという蜜柑の名前から

拝借した訳でございます。

なんだかおめでたい名前ですが、

どうしても読みにくいようでしたら、

なんか「フクレ」、てる奴が喋ってたな、

と思っていただけたければ幸いでございます。

という奇妙な口上からはじめましたこのブログ。

わたくし、サラリーマンの傍ら

休日はあちこちに出かけて落語のまねごとを

やっておりまして、所謂「社会人落語」という

趣味を持っております。

ここは、わたくしのメインの活動の場でもあります。「仔鹿寄席」の情報と、

わたくしのまあ、右往左往する日々を書き連ねる為のブログでございます。

どこまで続くか分かりませんが

時折また、お伺いいただければ幸いです。

3 Replies to “鹿鳴家福来について”

  1. 色々なコミュニケーションツールがあるんだね。ビックリポンや大分古いか(笑)

  2. じぇじぇじぇ!!??
    もっと古いですね。
    河童さんありがとうございます。
    このツール、いろいろ試してみます。

コメントは受け付けていません。